黒トイプードルのぶろぐ

アラサーおばはんのブログ。ガジェット、ゲームの話題や雑談など

【レビュー】1-2-Switchは本体同梱にするべきだったソフト

f:id:taguchikun:20170305090809p:plain

こんにちは。たぐちです

3月3日に待望のニンテンドースイッチが発売されました。

私は今回レビューする「1-2-switch」と「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」「スーパーボンバーマンR」のソフト3本を購入しました。

先に言っておきますが、このレビューというか感想はわりとネガティブです。

簡単にいうと、ゲームの評価としては低いということです。

ただ「プレイしてほしい」ソフトでもあります。

 1-2-Switchの感想

 1-2-switchについては「ニンテンドースイッチ」というハードの性能を活かしたゲームで、チュートリアルやデモンストレーション的なソフトだと思って私は購入しました。

結論から先に言っておきますが、私のような目的で買うのなら良いゲームだと思います。ただ純粋にゲームを楽しみたいという人にはあまりおすすめしないゲームです。

 

おすすめ出来ない理由

普段のレビューなら良いところから紹介するんですが、今回は絶賛できないので逆でいきます。

おすすめ出来ない理由を簡単に説明すると以下の通り。

  • 価格
  • ミニゲームが微妙
  • 一人じゃ遊べない

 

まず価格が「4980円」とゲーム内容にしては高過ぎる。

1500円ぐらいなら満足だろうけど、ロンチ祝儀込でもこの価格はないなと思った。

 

ミニゲームはどれも「なんで私(左手)勝ったの?」と思うことが多く達成感などはない。

こうこうこういう理由で勝った負けた感じがなく、いつのまにか勝ってたというミニゲームが多過ぎる。

これならマリオパーティーやマリソニオリンピックを買った方が楽しめます。

 

そして一人で遊べるゲームが少な過ぎる。

買う前からわかってたけど、2人以上でやるのが前提のゲームってどうなのよと。

同じミニゲーム集でもマリパやマリソニ、Wiiスポーツなんかは充分一人でも楽しめたけど、このゲームはまったく楽しめやしない。というか物理的に不可能なゲームも多かった

 

良かったところ

それでもいくつか良かったところはあります。

  • ニンテンドースイッチというハードの性能を活かしている
  • 複数人でやれば結構盛り上がって楽しい
  • やたらと見つめ合うので恋が生まれるかもしれない

 

良かったところはまずスイッチというハードの性能を活かしているところかなと思いました。

「どんな機能があるのかわからない」という人に「こういうことが出来るんですよ」と教えてくれるゲームソフトです。その点では良かったゲームかなと思いました。

 

私はぼっちなんで一人でプレイしましたが、2人以上でやれば盛り上がると思います。

ただ、盛り上がるにしては地味なゲームが多いので、横から見ている人はあまり面白くはないかも。

 

そしてこのゲームは気になっている人とプレイすることを全力でおすすめします。

ゲーム中にやたらと「お互いに見つめ合ってください」と言われます。

何度も何度も見つめ合うことになるので、普段は意識していなくても意識してしまう状況になってしまうので、気になっている人とやれば恋が進展する可能性大です。

「みつめる度に恋、感じたまーま瞳」とNEWSも歌ってたしね。

気になるのあの子とやるのにオススメなミニゲームは「ミルク」と「ホットドッグの早食い競争」です。逆に家族とはやってはいけない

 

好きなゲーム

全部で28本あるミニゲームの中から私が「面白い」と感じたゲームをピックアップしました。

 

ベースボール

片方がピッチャーとなってスローボールと速球を選び投げます。もう片方はバッターとなって打つだけのシンプルなゲームです。

このゲームは面白いと言うか、今後遊び方によってはもっと発展できるんじゃないかと感じたゲーム。

例えば、球種をもっと豊富にしてコースも選べるようになれば、本格的な「野球ゲーム」が出来るかなと思いました。ただそうなると9回全部プレイするのは飽きそうなんですよね。

 

ミルク

おっぱいを絞ることができるゲームです。

楽しいです。

 

ひげそり

髭を早く剃った方が勝ちと言うシンプルなゲームなんですが、ひげそりの感覚がリアル。

いや普段剃ったことないからわからないけど、ああ「ひげそりってこんなんだろうな」と思わせてくれるゲームです。同時にスイッチのHD振動が凄いと感じたゲームでもある。

 

ライヤーダイス

振動で相手のサイコロの出目がわかるが、自分の出目はわからないというゲームです。

相手の出目がわかるので、ハッタリをかけたりと心理戦に持ち込むことができます。

まあ私は左手と右手だったんで、心理戦もなんもないけどね!

 

 本体に同梱してほしかったゲーム

先ほども言いましたが、「1-2-switch」は複数人でプレイできて、HD振動機能、携帯モードなどが使える、ニンテンドースイッチというハードの特性を活かしたゲームです。

だからニンテンドースイッチを購入した人には、1度遊んでほしいゲームです。

 

「スイッチってこんな使い方もできるんですよ」「HD振動ってすごいでしょ?」「スイッチはこんな風に遊ぶんですよ」「スイッチはみんなでワイワイ遊べますよ」とハードをアピールするゲームです。

だから一度もプレイしないというのは残念なんですよね。

ただこの価格で、このゲーム内容でおすすめ出来るかと言われたら「NO」としか言えません。

 

まとめ

こんな人には「1-2-Switch」の購入をおすすめ出来ます。

  • スイッチの特性を知りたい
  • チュートリアル、デモンストレーションと割り切って買える
  • 友だちとワイワイやりたい
  • 見つめる度に恋がしたい
  • 乳搾りがしたい
  • 右手と左手で遊んでも寂しくならない

 

同梱ソフトなら評価したゲームなので残念です。

ニンテンドースイッチというハードを楽しむためのソフトとしては、評価できるの気になっている方はご検討をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 関連記事

その他、ニンテンドースイッチに関する記事もよかったら、どうぞ

任天堂の最新ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の開封・レビューをあなたに直接お届け 

ニンテンドースイッチと一緒に買いたいソフト・周辺機器 

【まとめ】ニンテンドースイッチの良いところ、悪いところ10