黒トイプードルのぶろぐ

アラサーおばはんのブログ。ガジェット、ゲームの話題や雑談など

年収300万円台の女が30代から考えるアーリーリタイア

こんにちは。たぐちです

みなさんは定年まで仕事を続けようと考えていますか?

会社員の定年というと、だいたい60歳ぐらいだと思います。

でも60歳まで働き続けるのってしんどくないですか? 私はしんどいです。

今回は年収300万円台の底辺女が考える、アーリーリタイアについてお話しします。

 

定年とアーリーリタイア

アーリーリタイアとは早期退職のことです。それをちょっとカッコよく言っただけ。

近年は趣味に「没頭したい」とか、「ゆっくり暮らしたい」とかでアーリーリタイアを考えている人が増えているとかいないとか。

海外では昔から若い時にがっつりと働いて、一定の時期がきたら仕事をしないという人は結構前からいました。私の知人も30代後半でリタイアして子育てに集中しています。

 

選択肢はおもに3つ

転職などを除くと私には選択肢は3つあります。

  • 定年の63歳まで働く
  • 定年まで働いてシルバー雇用で再就職し、65歳まで働く
  • アーリーリタイア、つまり定年前に辞める

まず2番目の再就職は選択肢にありません。定年後に働くことは考えていません。

そして定年の63歳まで働く気も現時点ではありません。あと30年長期休暇なしとかやってられません。

ということで、私は定年まで働かずに早期退職を考えています。

仕事が嫌いとか会社が嫌いとかではないんです。むしろ好きな方です。ただ働くのはあんまりすきじゃなく、旅行とか好きなので長期休暇が欲しい。詳しいことは以前の記事に書いています。

 

 

早期退職のメリット

f:id:taguchikun:20170917202448j:plain

アーリーリタイアのメリットはたくさんあります。性別、年齢、人によってさまざまです。

  • 時間を有効活用できる
  • 好きなことに時間を使える
  • 仕事する必要がない
  • 若いときしか出来ないことができる

私はとにかく気ままに生きたい。早寝早起を考えずに好きな時間にゲームしたり、読書したりして、のんびりと引きこもりたい。そして1ヶ月ぐらい旅行したいと考えています。

また定年後だと今より体力が衰えているので自転車でロングライドとかはなかなか厳しくなります。でも50代だとまだまだ若いし、激しいスポーツも楽しめます。

ブログもたくさん書けるので、お小遣い稼ぎもできます。

 

早期退職した場合のデメリット

アーリーリタイアにはデメリットもたくさんあります。

  • 収入がなくなる、減る
  • 退職金が減る
  • 将来貰える年金が減る
  • 周りの目が気になる

やはり最大のデメリットはお金でしょう。

今現在2億ぐらいもってたら何も考えずに会社を辞められるんですが、その10分の1もありません。

貰える退職金も定年まで働くのと、早期退職では数百万円の差が出てきます。

 

アーリーリタイアに必要なお金

f:id:taguchikun:20170917202005j:plain

早期退職して生活するにはそれなりの蓄えが必要です。必要な資金は人によって違います。

  • 現役時代の稼ぎ、退職金の有無
  • 独身か所帯持ちか
  • 完全に仕事をしないのか、パートなどはするのか
  • 退職する年齢
  • 現在の資産額

まずアーリーリタイアと言っても死ぬまで全く働かないのか、パートなどはするのかで必要なお金が違ってきます 。私は数年間は働かずに、途中から週3日でもパートしようかと考えています。

独身なので自分が食べるだけ稼げたら良いし、幸い親が家を残してくれているので固定資産税を払えば家賃も必要ありません。一応、現状もそこそこ貯金や株は保有しています。

 

何歳でリタイアするかで必要額が違ってくる

40歳でリタイアするのか、50歳でリタイアするのかで今後、必要なお金は違ってきます。

仮に毎月20万円を必要とすると、20×12で年間240万円かかります。

それを80歳までとすると

  • 40歳からだと×40で9600万円必要
  • 50歳からだと×30で7200万円必要

結構な金額です。とてもじゃないけど私には無理なので毎月の必要額を下げます。

パートをするとしてギリギリのライン毎月10万円で計算。少ないかと思われますが、一応65歳から年金は入ってくるし、お小遣い程度ならブログの収入もわずかに期待できます。

そうすると40歳で引退した場合は4800万円、50歳で引退した場合は3600万円の蓄えがあればなんとかやっていけます。ただこれはあくまで私が独身だから出来ることです。

 

高給取り以外は投資が必要

50歳でリタイアしたとしても残り20年ほどで最低3600万円貯める必要があります。そのうち1000万円ほどは今ある蓄えと、退職金で賄えるとしても残り2600万円貯めなければなりません。

20年で2600万円貯めるのには年間130万円、月額約11万円必要です。年収300万円台じゃとても月額11万円もの貯金は出来ません。

なので、何らかの投資をしてお金に動いてもらう必要があります。

私は以前から貯金替わりに長期的な株式投資をしていますが、アメリカの超安定株と自分が応援したい企業の株を少しだけ持っているだけで利益はほとんど考えていません。

そこで今後は年3%から5%ぐらい増やせそうな投資も視野に入れていこうかと考えています。

具体的には

  • 海外・国内のインデックスファンド
  • 楽天ポイントでハイリスクハイリターンな投資
  • iDeCoで節税&将来もらえるお金を増やす

メインはリスクが少ないインデックスファンド。サブで楽天ポイントをリスク覚悟の毎月株式投資信託をしていきます。限定ポイントは使えないけど、楽天証券だとポイントで投資信託をできるのが良いところ。

これらで年間40万円程度、最終的には投資で800万円ほど増やしたいと考えています。もちろん減るリスクもありますけどね。

そうすると年間90万円貯めればなんとか、リタイア後の資金は稼ぐことはできます。月額にすると厳しいですがボーナスを含めたら可能な額です。そのためにもブログでもっと収益を出せるようにしたい。

 

最悪、実行しなくてもデメリットはない

アーリーリタイアの良いところは途中であきらめてもデメリットがないことです。

  • 貯金、投資したものはなくならない
  • 定年まで勤めるだけで安定する
  • あきらめても誰にも迷惑はかからない

50歳までに会社を辞めたかったけど思ったよりお金が集まらなかったので、アーリーリタイアするのを途中であきらめても損することはないんです。

貯金や投資したものをすべて残るし、会社を辞める前ならそのまま定年まで勤めるだけなので何のリスクもありません。むしろアーリーリタイアするより、金銭的には余裕ができます。

どうしても定年前に辞めたいなら、40歳を予定していたところを50、55歳にして引き延ばせばいいだけ。

私も計画は立ててますが、思ったより投資で利益が出ない場合はあきらめて定年まで勤めます。それでも65歳までの再雇用は絶対にしないですけどね。

とりあえず実現できるようにブログ頑張ります。