黒トイプードルのぶろぐ

アラサーおばはんのブログ。ガジェット、ゲームの話題や雑談など

【接続・設定は簡単】Amazonの2017年Newモデル「Fire TV Stick」をレビュー

f:id:taguchikun:20170408082957j:plain

こんにちは。たぐちです

今回は先日発売された、Amazonの新型「Fire TV Stick」のレビューです。

最近、妹がAmazonプライムビデオを見る機会が増えて、私のタブレットを独占されることが多くなりました。

家族とはいえ自分のものをいじられるのは、あまり気分が良くないので、自宅のテレビで動画を見れるようにと新型の「Fire TV Stick」を購入しました。

 

Amazonプライムビデオをはじめ、Huluなどの動画配信サービスを自宅の大きな画面で家族と一緒に見れるし、設定や操作もカンタンなので快適です。

それでは、どうぞ。

 Fire TV Stick

Amazonプライムビデオなどを、テレビで楽しめる「Fire TV Stick」のNewモデルです。

動画以外にもプライムミュージックやプライムフォトを利用することも可能。

もちろん、Amazon以外の動画配信サービスにも対応しています。

ただし、プライムビデオなどを見るにはAmazonプライムの加入が必要となります。

 

主な仕様

 

  • 価格:4980円
  • プロセッサ:MediaTek Quad-core ARM 最大1.3 GHz
  • GPU:Mali450 MP4
  • ストレージ:8GB
  • メモリ:1GB
  • Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac対応。 5GHz帯W52の36, 40, 44, 48の4チャンネルに対応
  • Bluetooth:Bluetooth 4.1
  • 入出力端子:タイプA HDMI 1.4b出力、HDCP 1.4×1 Micro USB×1
  • オーディオ:5.1chサラウンド対応、2chステレオ、最大7.1chのHDMIオーディオパススルー
  • フォーマット:ビデオ・H.264 1080p30 H.265 1080p30 オーディオ・AAC-LC、AC3、eAC3 (ドルビーデジタルプラス)、FLAC、MP3、PCM/Wave、Vorbis
  • 写真: JPEG、PNG、GIF、BMP
  • 出力:720p、1080p、最大60fps
  • サイズ :85.9mm x 30mm x 12.6mm
  • 重量:32.0g
  • その他:音声検索対応、Bluetoothゲームコントローラー対応

 

リモコン

  • サイズ:38.4mm x 150.7mm x 16.7mm
  • 重量:68g (電池込み) 45g(本体)
  • 電池:単4 x 2

 

セールスポイントはAmazonプライムビデオを素早く簡単に大画面テレビで見れること。

本体を差して、リモコンで操作するだけで映画やアニメを楽しめます。

小さいのに読み込みも速く、とても快適です。

 

開封・パッケージ

f:id:taguchikun:20170408082953j:plain

オモテはこんな感じです。コンパクトですが持つとずっしりしています。

上部には対応している動画配信サービスが表記されています。

f:id:taguchikun:20170408082954j:plain

ウラにはセールスポイントが書かれています。

f:id:taguchikun:20170408082955j:plain

開けると黒い箱が入っています。まるでApple製品みたい。

まあAppleTVと違って、4980円とかなりお安いですけどね

f:id:taguchikun:20170408082956j:plain

黒い箱を開けると、本体や説明書、電池が見えてきます。

何回も言うけど、4980円とはとても思えないようなパッケージです。

 

本体・リモコン

f:id:taguchikun:20170408082959j:plain

 本体とリモコンです。

本体はUSBメモリが少し大きくなった程度で、リモコンは小さく手のひらサイズです。

 

付属品

f:id:taguchikun:20170408082957j:plain

同梱品は以下の7点です。

  • Amazon Fire TV Stick本体
  • 音声認識リモコン
  • 電源アダプタ
  • USBケーブル
  • HDMI延長ケーブル
  • 乾電池×2(もちろんAmazonの電池)
  • 取扱説明書

 

接続・使い方

接続方法を使い方を解説していきます。

簡単な流れは以下の通りです。

  • FireTVStick本体と電源アダプタにつないだUSBケーブルを接続する
  • 音声認識リモコンに電池2本を入れる
  • 本体をテレビのHDMI端子に接続
  • 勝手に起動するので、画面に従って初期設定していく

 

接続

まず電源アダプタとUSBケーブルをつないで、本体と接続しましょう。

USBケーブルから電源を供給しないと、FireTVstickは起動しないので注意。

 

f:id:taguchikun:20170408083000j:plain

そのあとに、本体をテレビのHDMI端子に接続します。

 

f:id:taguchikun:20170408083001j:plain

すると勝手に起動するので、あとは画面に従い初期設定をしましょう。

 

初期設定

リモコン「◎」で上下左右を選択、真ん中で決定です。初期設定の手順は以下の通り。

  1. 言語を選択する
  2. 自分のWi-Fiを選び、パスワードを入力
  3. Amazonプライムのアカウント設定
  4. 1checkで購入できないようにPINコードの設定。1checkを使う場合は不要
  5. 設定後に、Amazon「FireTVStick」の使い方講座動画が流れます

 

使い方

f:id:taguchikun:20170408082958j:plain

使い方は説明書に載っています。

  • 「スリープ」はホームボタンを長押しして、スリープを選択
  • 「起動」はもう一度、ホームボタン
  • 「選択」は◎で上下左右、「決定」は真ん中のボタン
  • マイクは一番上のマイクマークのボタンを使います。
  • あとはお馴染みの「再生」「戻る」「早送り」などです。

 

音声認識

f:id:taguchikun:20170408083007j:plain

リモコンのマイクボタンを長押ししながら、喋ると音声を認識してくれます。

試しに「ドラえもん」と言うと認識してくれました。

いちいち入力しなくていいので、結構便利かもしれませんね。長文だとリモコンで打ちにくいし

 

他の製品との違い

 「FireTV」や前モデルとの違いは何なのか気になるところ。

箇条書きですが、簡単にまとめてみましたので参考にどうぞ。

 

Fire TVとの違い

f:id:taguchikun:20170408095210p:plain

FireTVとの違いは公式に比較表があったので、そちらを参考にさせていただきました。

違いは以下の通りです。

  • Stickの方が5000円安い
  • メモリがStickは1GB、TVは2GB
  • TVは4K対応
  • TVはmicroSDスロットとUSBポートあり
  • 対応ゲームがTVの方が多い。Stickはカジュアル向け

 

まとめると4Kで動画を楽しみたい、ゲームしたり、動画をたくさんDLするひとはTVの方が良いかもしれません。

動画を楽しむだけなら安価なStickがおすすめ。

 

従来モデルとの違い

従来のモデルとの大きな違いは以下の3つです。

  • Wi-Fiが802.11acに対応
  • CPUがデュアルコアからクアッドコアへ
  • リモコンがすべて音声認識に対応

 

動画を見るのに重要なのがネットの速度です。

802.11acに対応になったことで、高速通信が可能となり快適に動画をみれます。

ここが新型の一番大きなメリットじゃないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Amazon「Fire TV Stick」の特徴とおすすめポイントは

  • 自宅のテレビで家族や友人と一緒に動画を見れる
  • 設定や接続が簡単
  • 軽くて小さい。持ち運べる
  • 電源を入れればすぐに動画が快適に見れる
  • 再生も遅延がなく快適
  • 対応している動画配信サービスも豊富
  • 別売コントローラーを買えばゲームも出来る
  • 安い

悪いところは特にないですが、気になったのは以下の点。

  • 延長ケーブルが短い
  • HDMI端子が一つしか付いていないので、テレビスピーカー以外を使用するには工夫が必要

私は普段、アンプと別スピーカーを使っています。

そのままテレビのHDMI端子に本体を指すと、テレビスピーカーから音声が流れてしまいます。

他のスピーカーを利用するには、アンプに本体を接続する必要があります。

HDMI対応アンプならいいですが、対応してない場合はひと工夫しないとダメですね。この辺がちょっと気になりました。

 

それにしても、起動も読み込みも速いし快適でした。

PCだと複数人では見づらいし、タブレットやスマホは他人に頻繁に貸すのは気が引けます。

Fire TV Stickならパソコンを立ち上げる必要もなく、テレビと本体の電源を入れるだけで、たくさんの人と動画を見ることができます。

気になっている方は、検討してみてはいかがでしょうか?