黒トイプードルのぶろぐ

アラサーおばはんのブログ。ガジェット、ゲームの話題や雑談など

タブレット持ちでも買い!Kindle Paperwhiteをレビュー

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション1. 軽くて薄い!DELLの13インチ・ノートパソコン「XPS 13」をレビュー
2. 【まとめ】ニンテンドースイッチの良いところ、悪いところ10
3. なぜ「乃木坂46」は「AKB48」より人気がないのか?
4. 女性や初心者も安心!台湾旅行を楽しむための持ち物&便利なものリスト

こんにちは。たぐちです

先日のプライムデーで購入した「Kindle Paperwhite」を今更レビュー。

タブレット持ちですが、片手で持てて軽いので読書好きなら買って損はない端末です。

 

Kindle Paperwhite

Kindleにはバックライトなしの一番安いモデルから、今回紹介するバックライト付きのものまで全部で5種類あります。

私は読書がしやすいバックライト付きのPaperwhiteを購入しました。

上位機種を買うならタブレットを買った方がお得ですし、バックライトなしのものは読書しにくいのが欠点なので、読書目的ならこちらのモデルがベストだと思っています。

 

おもな仕様

  • 価格:14280円(Amazonプライム会員で4000円オフ、キャンペーンなし+2000円、Wi-Fi + 無料3Gは19480円)
  • 内臓ライト:LED 4個使用
  • ディスプレイ:6インチ、300 ppi、タッチスクリーン
  • バッテリー:数週間(明るさ設定10、ワイヤレス接続オフ、一日30分使用)
  • 接続:Wi-Fi、Wi-Fi + 無料3G
  • 質量:Wi-Fi・205g 、Wi-Fi + 無料3G・217g
  • サイズ:169 x 117 x 9.1 mm
  • 反射抑制スクリーン:あり
  • ストレージ:4GB、最大数千冊(書籍の場合) 、Amazonコンテンツはクラウドに無料・容量無制限に保存可能
  • カラー:ブラック、ホワイト

参考:Amazon.co.jp

 

セールスポイントはディスプレイの反射がなく、紙と同じような感覚で読書できること。

電池持ちもタブレットとは比較にならないほど長いので、充電する機会がほとんどない。

軽くて手に持ちやすく、まさに読書専用端末です。

プライム会員なら決められた書籍の中から毎月1冊無料で読めるので、かなりお得です。

 

開封・パッケージ

f:id:taguchikun:20170715085734j:plain

良いなと思ったのは、このパッケージ。

見ただけでワクワクするので、読書好きの心を結構掴んでいると感じました。

f:id:taguchikun:20170715085914j:plain

表面のカバーを外すと書籍に見立てた箱が出てきます。

こういう細かい作りも嬉しい

f:id:taguchikun:20170715090015j:plain

箱を開けるとKindleのあの絵が!

 

付属品

f:id:taguchikun:20170715090407j:plain

付属品は以下の4点。充電器は入っていないので注意が必要

  • 本体
  • USBケーブル
  • 取扱説明書
  • 保証書

 

外観

f:id:taguchikun:20170715090602j:plain

ディスプレイもザラザラしたマットな素材で紙に近い感覚。タブレットを想像していたので、この感覚の違いに驚きました。

軽くて小さいので女性でも簡単に片手で持つことができます。

f:id:taguchikun:20170715090810j:plain

裏面はすべりにくい素材になっています。

私は今回カバーなしで使う予定ですが、カバーもAmazonで売っているので気になる方はどうぞ。ただし本体に比べてカバーがかなり割高です。

f:id:taguchikun:20170715091351j:plain

下部にボタン、USBの差込口がそれぞれ1つあるのみ。背面や上部には何もありません

f:id:taguchikun:20170715092011j:plain

漫画と活字のみの書籍が両方わかるように、混ざっている本で表示。

タブレットなどと比べて、かなり紙の本に近い表現

 

本物の書籍、タブレットと比較

f:id:taguchikun:20170715091550j:plain

文庫本と比べるとやや大きいですが、感覚は文庫本に近いですね。

f:id:taguchikun:20170715091753j:plain

新書と比べると縦にやや小さい。

f:id:taguchikun:20170715091830j:plain

8インチタブレットと比べると、かなり小さい。

 

感想

ひと言でいうと、本好きなら買って損はない。

タブレット持ってるからいらないかな、と思っていましたが、読みやすさが全然違います。

特に電車や飛行機の中で読むなら、コンパクトで片手で読めるKindleはとても重宝しますね。

 

良いところ

  • 軽くて小さい
  • 反射しない
  • 画面の質感が紙に近く、指紋もわからない
  • 電池が長持ち、減らない
  • 目が疲れにくい
  • プライム会員なら月1冊無料で本が読める

 

専用端末なんで当たり前ですが、とにかく本が読みやすい!

外でも反射しないし、画面に指紋も付かないので読書に集中できます。また長時間の読書でも目が疲れにくいです。

電池持ちもめちゃくちゃ良いので、買ってから一度も充電してません。

 

悪いところ

  • 動作が若干遅い
  • 漫画を読むなら容量が少ない
  • SDカードなどに非対応
  • モノクロ
  • キャンペーン情報付きには要注意

 

本を読んでいる時は気になりませんが、タブレットに慣れているとストア関連の動作の遅さが若干気になりますね。速いとは言えません。

容量も少ないので漫画を読む人だとあまり保存出来ません。SDカードなど外付けメディアにも対応していないので、漫画中心の方はマンガモデルをオススメします。

またカラーではなくモノクロ表示しか出来ないので雑誌を読むのにも適していません。雑誌を読むなら10インチのタブレットが、dマガジンも読めるので良いですね。

 

キャンペーン情報付きだと無駄な動作が増える

f:id:taguchikun:20170715092515j:plain

私が購入した広告付きのものだと、上記のようにスリープから戻るときに広告が表示されて1アクション必要になるので注意!

これが気になる方はプラス2000円かかりますが、キャンペーン情報なしの端末を選びましょう。

 

使い方

f:id:taguchikun:20170715092229j:plain

初期設定は上記のように画面の指示通りに進んでいく。

言語→Wi-Fi設定→アカウント設定(初期は紐づけされている)→SNS設定→使い方という流れ。

 

基本操作
  • 電源オン/オフ

下部のボタンを軽く押すとスリープ、長押しすると画面オフ

  • ページめくり

縦書き:左から右へスワイプ、画面をタッチ

横書き:右から左へスワイプ、画面をタッチ

  • ツールバーの表示

左上をタップ

  • しおり

右上をタップ

  • 現在位置やページ数などを表示

左下をタップすると切り替える

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回紹介したKindleがおすすめの方は以下の通り。

  • 読書家
  • カバンからすぐに出して本を読みたい
  • 漫画はあまり読まない
  • 雑誌をあまり読まない
  • タブレットで読書は目が疲れる

 

私はタブレットを持っているので買おうか迷ったんですが、読書するのにはやはり快適なので買って正解でした。

餅は餅屋と言いますが、読書するのに作られた専用端末はタブレットとは別物です。

本が好きな方には絶対おすすめできる商品ですので、是非お試しあれ。