読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒トイプードルのぶろぐ

アラサーおばはんのブログ。ガジェット、ゲームの話題や雑談など

女性や初心者も安心!台湾旅行を楽しむための持ち物&便利なものリスト

旅行 旅行-海外

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション1. 軽くて薄い!DELLの13インチ・ノートパソコン「XPS 13」をレビュー
2. 【まとめ】ニンテンドースイッチの良いところ、悪いところ10
3. なぜ「乃木坂46」は「AKB48」より人気がないのか?
4. 女性や初心者も安心!台湾旅行を楽しむための持ち物&便利なものリスト

こんにちは。たぐちです。

いよいよ待ちに待った台湾旅行が迫ってまいりました。たぶんこれを公開しているときには台北に着いていることだと思います。と言うことで今回は台湾旅行に備えての「持ち物リスト」です。女性ならではの物など初心者でも安心して行けるように作りました。

しかし何回行っても飽きないし、また行きたくなるのが台湾なんですよね。

今回は12月と言うことで冬の台湾は初めてです。いつも春や秋に行くので持ち物というか服装が違ってきます。と言っても台湾は暖かいのでほとんどの季節で半袖で大丈夫なんですが

必需品

f:id:taguchikun:20161215010827j:plain

仮入れをしている段階の私のスーツケースです。いつも台湾はこのスーツケースを使ってます。

まだ機内荷物に入らない分も入れなくちゃいけないので増えます。

 

絶対必要なもの

これがないと入国したりホテルに泊まれないようなレベルのもの

パスポート

これがないと話になりません。でもたまに忘れる人いるんですよね。

「中華民国」「TAIWAN」と書かれたスタンプを押してくれます。日本と同様わりとちゃんとした場所に押してくれるので台湾の入国審査官は好き。

コピーしたものも持っておくと尚良いです

f:id:taguchikun:20161215013336j:plain

私は空港内では首から下げてポーチにパスポートを入れています。

なんせ空港内ではパスポートを出し入れする機会が多くて鞄に入れるのは面倒です。

地球の歩き方オリジナル セキュリティポーチ ブラック

お金

今台湾ドルを持っていないなら日本円を持っていきましょう。

なぜ日本円かというと現地で台湾ドルに両替した方がかなりお得だからです。

日本で両替するのと台湾で両替するのじゃレートが結構違います。

なので何回も言いますが日本円を持っていきましょう。

クレジットカード

台湾では屋台やこじんまりとした店で食べる機会が多くクレジットカードが使えないところも多いです。なんせあの鼎泰豊(本店)でも使えなかったから。

ただしネットで航空券やホテルを予約した場合は利用するので必ず持っていきましょう。免税店とか百貨店なんかではほぼ使えるので持って行って損はないです。

私はVISAとMasterCardの2枚をいつも持っていきます。台湾は海外ですがJCBも結構使えるところが多いので複数持っていくなら1枚はJCBでも大丈夫です。

万が一お金がなくなった場合でもクレジットカードさえあればATMで引き出せます。

航空券

これも持って行かないと話にならないです。

ネットで予約した方はプリントアウトを忘れないでくださいね!

ホテルの予約券

自分でネットを使って予約した場合は航空券同様にプリントアウトを忘れないように!

地図をついでにプリントアウトすると便利です。

鞄・スーツケース

自分の持ち物を忘れる人はさすがにいないだろうけど一応念のために載せておきます。

鞄は持ち歩き用を別に持っていくと便利です。ショルダーがおすすめ。

眼鏡・コンタクト

メガネっ子は絶対に必要なので忘れないように!

 

ほぼ必需品

持って行かなくても何とかなるけど、持っていないと困るもの。

スマートフォン・タブレット

f:id:taguchikun:20161215014108j:plain

台湾ではフリーWi-Fiもあるしホテル内なら無線LANも使えるので持って行った方が絶対に良いものです。カメラにもなるのでほぼ必須アイテムといっても過言ではないと思う。

私は今回iPhoneとZenPadを持っていくことにしました。iPadは大きいのでお休みです。どうでもいいけどiPhone5sで写真撮ると黄色くなる。

 また台湾では現地でSIMが安く購入できるので出来たらスマホはSIMフリーのものが良い。

キャリアのものでもSIMロック解除することで現地のSIMが使えます。

参考:

taguchikun.hatenablog.com

 

充電器・モバイルバッテリー

スマホなどを持っていくなら必須。

f:id:taguchikun:20161215013832j:plain

私はイヤホンを有線と無線各1つずつ、モバイルバッテリー、ANKERの4ポート充電器、各種ケーブルなどを持っていきます。

正直持ち過ぎだと思うけど反省はしていない。

Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応

 

ウェットティッシュ

屋台で食べた後に手を拭いたり、テーブルや便座を拭いたりと便利です。

私はこれがないと死にます。というか日本でも絶対持ち歩いてます。

おすすめは「おしりセレブ」などのトイレットペーパーとして使えるもの。紙がトイレにないときも利用できます。

メモ帳・筆記用具

台湾のその辺のおっちゃんおばちゃんには日本語、英語は通じません。

欲しいものがある時は数を書いて見せると楽ですよ。

あと電車に乗る時など行き先を紙に書いて見せるのも間違いがない。

薬・絆創膏

現地でも購入できるけどいつも使ってるものがやはりいいので必要。

私は旅行になると絶対にお腹が痛くなるので必ず持っていきます。

台湾は美味しいものが多いのでついつい食べ過ぎちゃうしね。

絆創膏はちょっとした擦り傷に使えるし場所を取るものでもないので鞄に常に入れておくといいですよ。案外ささ剥けの時などにも使えます。

折り畳み傘

台湾は雨が多く急に降ってくるので持っていく方がいいです。

ただ私は過去一回も雨に降られたことがないほどの晴れ女

日焼け止め

女性は必ず持っていきましょう。男性も日差しがきついので持って行った方が良いですよ。冬以外は必需品です

腕時計

飛行機や電車など旅行では時間を見ることが多いのです。スマホなどで見れますがやはり瞬時に時間がわかる腕時計の方が格段に便利。

最悪なくしても良いような安くて、表示が大きめのデジタル腕時計がおすすめです。

ちなみに日本と台湾の時差は1時間です。台湾の方が日本より1時間遅いのを覚えておくか、現地で合わせましょう。日本時間のままでマイナス1時間と計算してもOKです。

[カシオ]CASIO 腕時計 WAVE CEPTOR ウェーブセプター 電波時計 MULTI BAND5 デジタルモデル WV-58J-1AJF メンズ

 

持っていくと便利なもの

あれば便利だけど別に持って行かなくても旅行できるもの。

イヤホン・ヘッドホン

耳線のかわりにもなるので便利。

私は必須アイテムだけど現地でも買えるしどうでもいいって人もいるので。

モバイルルータ

あると便利だけど使わない人は全く使わないので

アイマスク・耳栓・首枕

台湾旅行はフライト時間が短いのでそこまで必要ないです。

悠遊カード

持っているのであれば持って行ってください。

ただ現地でも買えるので問題ないですし、バスツアーなんかで行く人はMRTを乗る機会が少ないので別にいらないかも。常にMRTで移動する私は必須です。

エコバッグ

台湾のコンビニやスーパーでは袋をくれないのであれば便利です。

ただ鞄を持ち歩くならよほど大量に買わない限りそこに入れればいいかな

カメラ

最近はスマホの出現で出番を失いましたが、九分や淡水など夜に行った方がキレイなところではスマホのカメラだとうまく撮れないのでデジカメを持って行ってもいいかも。

一眼レフを下げてる人もたくさんいます。

ただ私は写真にそこまでこだわりがないので持っていきません。

タオル・ハンカチ

向こうのトイレはだいたいペーパータオルが付いてますが汗をかくのであると便利です。あと雨に降られたら濡れたりするので体や鞄を拭くのにも使えます。

バスタオルなどはホテルにあるのであまり必要はないかと。

ガイドブック

初めていくならあった方がいいかな。

スマホやタブレットがあるならそれで情報が見れるので必要ないかも。

私は電子書籍に一応入れています。

るるぶ台湾’17 (るるぶ情報版(海外))

 

マスク

台湾、特に台北は排気ガスなどでゴミゴミしています。また機内やホテルなどは乾燥しているのでマスク好きな方は絶対持って行った方がいいですよ。

女性は日本同様にすっぴん隠すのにも使えます。

これも必要なら現地で買えるし私はマスク嫌いなので持って行かないです。

 

服、日用品など

これも必需品ですが台湾は日本の日用品がたくさん売っているので忘れたらそこで購入するのもありですよ。さすがに服は持って行った方がいいけど

 

基本的な服装

海外だからってお洒落なんて必要ありません。動きやすい恰好で行きましょう。夜市に行くと人も多くて汚れやすいので張り切ってお洒落すると悲惨な目にあいます。

靴はヒールが高いものは履いていっちゃ駄目です。雨は降るし道がデコボコなところが多い上、ネズミや虫の死骸なんかもたまに落ちているので歩きやすい靴を絶対に履きましょう。特に九份なんて坂が多いしデッカイ穴が空いている道もあるので靴には気を付けてください。 おすすめはバックパッカー御用達のメルレ・ジャングルモックです。少しダサいけど履きやすい、歩きやすいので旅行ではいつもこれ。

[メレル] ウォーキングシューズ ジャングルモック メンズ J523413 Brick Brick 8(26cm) 2E 

 

着替え・夏

夏と言うか5月から10月までは半袖短パンで過ごせます。防止やサングラスを持って行ってもいいですね。靴はビーサンでも良いよ。

着替え・冬

 冬は少し寒くなるみたいなんで(冬に行ったことないのでわからない)日本の秋や春ぐらいの服装で大丈夫かと思います。コートなどはまず必要ありません。

心配ならマフラーを持っていくとかなり暖かくて良いかと思います。

私は秋物の上着とカーディガンで重ね着しようかと思っていますが寒いかな...

下着と靴下

パンツと靴下は多めに持っていきます。

高温多湿な台湾では汗をよく吸収してくれるものがいいと思います。

あと夏はブラチラする危険もあるのであんまりボロいものは控えた方が良いと思います。冬はボロボロのでも大丈夫。あ、旦那や彼氏と行く人はいつでも勝負下着で!

部屋着

いつも家で来ているもので大丈夫です。夏なら下着だけでも良いぐらい。

ただ家族以外の人と行くときはさすがに下着だけってわけにもいかないので、普段着ているパジャマを持っていくことをおすすめします。

私はユニクロのフリースパジャマです。ポケットが付いてるものを選ぶと便利

 

日用品

シャンプー・コンディショナー・ボディーシャンプー・洗顔

ホテルにあるけど家から持っていきます。現地でも日本のものが買えます

歯ブラシ・歯磨き粉

ホテルのものは好きじゃないのでこれも持っていきます。飛行機の中でも使えるように私はリュックに歯ブラシを入れていきます。

歯磨き粉は「チェックアップ」しか使わないので持参します。

ティッシュ

ウェットティッシュの他に普通のティッシュも携帯しておくといいですよ。

大きいものはホテルに置いてあるのでいらないです。トイレットペーパーを持ってくるのもありといえばありかな。水流しやすいし

袋・ジップロック

洋服を買ったときにもらえるショッピングバッグなどを何枚か持っていくと便利です。

服や下着を分けるのにも使えるし、使用したものをいれるのにも便利。

ジップロックは綿棒やコットンなどを入れておくのに利用できます

ジップロック フリーザーバッグ ジッパー付き保存袋 冷凍・解凍用 Lサイズ 30枚入 (縦27.3cm×横26.8cm)

 

ハサミ・爪切り

ハサミは買い物した時にタグを切ったりするのに便利です。

爪切りは海外であまり売ってないので絶対に持って行った方がいい物の一つ。ささ剥けを切ったりとかできるし、ハサミの代用もできないことはないので。

リップクリーム・ハンドクリーム

冬は乾燥するので乾燥肌の方は持っていきましょう。

夏も機内は乾燥しているけど現地はジメジメなのでそんなに必要ないかな

カミソリなど

これもホテルにあるけど男性の場合は髭を剃るのにクリームやカミソリにこだわる人がいるのでそういう方は持っていきましょう。

365日【最低価格保証】台湾・台北の人気&おすすめホテル☆

 

女性が必要なもの

女子特有の持っていくものが結構あります。女はこういうとき面倒だ

生理用品

何があるかわからないので時期じゃなくても1つは持っていくと安心できます。

ロリエ・ソフィーなんかは現地でも売ってますが日本よりかなり高いので持って行った方が無難。

メイク用品・クレンジング

この辺は液体なんで当日スーツケースに入れることになります。

絶対忘れないように持っていきましょう。

最悪すっぴんか、現地で日本や海外の化粧品がたくさん売っています

コットンや化粧水なんかも忘れずに

ムダ毛処理用品

カミソリはホテルに一応ありますけど、男性と同様こだわりがあるなら持っていきましょう。

特に台湾は薄着のシーズンが長いのでムダ毛処理は現地でもしなくちゃいけません。冬はご主人・彼氏と行く人以外はボーボーで大丈夫

ドライヤー・ヘアアイロン

ドライヤーは大抵ホテルに備え付けてありますが、安いところだとない場合もある。

私はショートなんでヘアアイロンは必要ないけど妹はいつも持って行ってます。

 

必要ないもの

ビザ

観光目的で90日以内ならビザは必要なし。

旅行なら90日以上滞在する人はあまりいないので気にしなくていいです

変圧器・変換プラグ

変圧器も今の家電なら99パーセントは動きます。

変換プラグも台湾は日本と同じ形状のものなので必要ないです。

中国語の本

観光地なら日本語のパンフレットが置いてあるし有名なお店なら日本語メニューがあります。というか地域密着なお店でも結構置いてたりします(ただし日本語が多少ヘン)

それに必要最低限のことはガイドブックなどに載ってるのでわざわざ本を買わなくても大丈夫です。

読み方がわからない場合は書けばいいので喋る必要はそんなにない。

もし中国語に興味があるのなら台湾旅行で使ってみるのもありですけど

旅の指さし会話帳8台湾 [第二版] (ここ以外のどこかへ!)

 

まとめ

旅行の荷物は極力減らしたいものです。

必要なものは人によって多少違うので、何が必要かそうじゃないかを考えてパッキングを始めてください。メモしておくのも忘れ物防止に有効です。

 あとお世話になってる台湾人にも合うのでブラックサンダーをお土産に持っていきます。現地の人と交流するなら喜ばれるので持って行っても良いですよ。

最後に楽しむ心と大きな胃袋、感謝の言葉を忘れずに

台北の人気ホテルが毎日値下げ・バーゲンハンター

H.I.S. 台湾旅行