黒トイプードルのぶろぐ

アラサーおばはんのブログ。ガジェット、ゲームの話題や雑談など

WiiUが近日生産終了に

f:id:taguchikun:20161111003900p:plain

任天堂公式サイト内のWiiU本体ラインナップに近日生産終了予定(日本国内)と表記されており、とうとうWiiUの短い最後が近づいてきてしまいました。

正式にいつ生産終了になるかは、わかりませんが2012年の11月(日本では12月)に発売されてから約4年という早くて短い生涯をWiiUは終えてしまいました。

なぜWiiUはこうなってしまったのでしょうか?少し考えたいと思います。

 戦犯:GamePad

これに尽きます。

ゲームパッドがほぼ強制となり、ソフトの開発はそれに合わせないといけないので、マルチで出そうとすると余計なコストが掛かかり、サードが逃げてしまう。

結果、任天堂以外からソフトが発売されずにソフト不足に陥りました。

Wiiのときもリモコンのせいで似たような状況でしたが、WiiUでは改善するどころか深刻化してしまいました。

またゲームパッドを付けることにより余計なコストが掛かり、大きな値下げも出来ませんでした。まあ大幅値下げは任天堂がする気なかったのかもしれませんが。

結局、任天堂だってゲームパッドをちゃんと活かせたゲームを作れていたかは疑問です。

進め!キノピオ隊長とかゲームパッドを活かしたソフトもありましたが、やらされてた感が強く、「GamePadでやりたい」じゃなく「仕方なく」でプレイしてる感がありました。

任天堂が率先してサードにお手本を見せなきゃならない立場だったのにも関わらず、それが出来なかったのも失敗につながったのかと思いました。

f:id:taguchikun:20161111012257p:plain

 スペック不足とネットワーク周り

この二つもよく言われますが私はそこまで影響なかったと思っています。

たしかにスペックは同世代のPS4とXBoxOneより劣ってますが、PS3とのマルチを出しているメーカーも多かったので、それほど関係なかったと思われます。

ネットワーク周りもたしかにショボいけど、売上に大きく作用するかと言われたら疑問かと。

ただ有線LANポート搭載、アカウントは紐付けしてVCとかDLさせろよとは思うけど…

失敗は成功のもと、Splatoonという光も見えた

WiiUはハードとしては失敗したと思いますがSplatoon(スプラトゥーン)という新規IPで、こんなにヒットを出せたのは凄いことだと思います。

良質なIPをたくさん持てるということは、ゲーム会社としてまさに知的財産権財産がたくさんあるということ、武器がたくさんあるということです。

このスプラトゥーン以外にも先ほど話したキノピオ隊長とか、幻影異聞録♯FEスーパーマリオメーカー など面白いゲームはたくさんあったので本当に勿体ないハードだと思います。

この素晴らしいゲームソフトたちを武器に任天堂には頑張ってもらいたい!