読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒トイプードルのぶろぐ

アラサーおばはんのブログ。ガジェット、ゲームの話題や雑談など

【オススメ】宇多田ヒカル・椎名林檎・浜崎あゆみ、98年デビューの3人

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション1. 軽くて薄い!DELLの13インチ・ノートパソコン「XPS 13」をレビュー
2. 【まとめ】ニンテンドースイッチの良いところ、悪いところ10
3. なぜ「乃木坂46」は「AKB48」より人気がないのか?
4. 女性や初心者も安心!台湾旅行を楽しむための持ち物&便利なものリスト

 f:id:taguchikun:20161125004236p:plain

こんにちは。たぐちです

あの宇多田ヒカルが今年の紅白出場決定しました。たぶん生中継での出演だと思いますが楽しみですね。

宇多田ヒカルをはじめ、浜崎あゆみ椎名林檎98年にデビューした女性アーティスト(この言い方好きじゃない)のメンツは凄いです。まさにアラサー世代にはドンピシャ。

紅白出場記念ってことで、それぞれのおすすめ曲宇多田に偏っていると当時の宇多田派、浜崎派、椎名派の特徴を勝手に紹介します。

 華の98年組

宇多田ヒカル

1983年生まれ、ネット上では「BBA結婚してくれ」でお馴染みの方。

98年の12月にデビューし1stアルバム「FirstLove」の売り上げは歴代最高の765万枚を記録。

TLCみたいなR&Bにどこか歌謡曲っぽい雰囲気が漂う曲を作って日本人の心をつかんだ人。

当時小学生だったから知識が乏しいですが、あのときにR&Bなんて歌ってる人は日本にあまりいなかった気がする。だから宇多田ヒカルの登場はものすごくインパクトがあった。

だって当時主流だった8センチシングル(あの長方形のやつ)を、今主流の12センチにしたのは、この人が登場したからだと私は思ってる。

宇多田ヒカルが好きは「こんな子」だった

一般から少しヲタ寄りな子が好きだった印象。私も当時は(小学生か中学生ぐらい)は宇多田派だった。漫画なら普段は「りぼん」だけどたまに「花とゆめ」買っちゃうような子がここ。

といってもあの当時はみんな宇多田聞いてたので多数派だったのには間違いない。

おすすめの曲

馬鹿みたいに売れたアルバムなのでみんな知ってるとは思いますが、どの曲も良い。

特に「甘いワナ」や「In My Room」が好きです。全体的に学生っぽい歌詞が多いアルバム

1stに比べるとキャッチーでアップテンポな曲が多め。

特に「Distance」は宇多田の曲で一番好き。「For You」や「蹴っとばせ!」なんかも好き

宇多田ヒカルの曲で何が一番好きかと言われたらこれが1位になると思う。

この曲はPVもめちゃめちゃいいので機会があれば見てほしい

 

8年ぶりのオリジナルアルバム。タイアップ曲が多い。

道さいこおおおおおおおおおお

浜崎あゆみ

1978年生まれ。渋谷のカリスマとして90年代後半から00年前半には絶大的な人気を誇った。

98年の4月に「pokerface」でデビュー。歌手になる前は女優業をやっていてドラマ「未成年」やVシネなどにも出演していたりと、案外苦労人なあゆさん。

小室ファミリーが陰りをみせてきた中、新生エイベックスを引っ張ってきたのは彼女。

デビュー当時は少しお馬鹿っぽいキャラで秋元康が「浜崎あゆみは馬鹿じゃない」と言ったフレーズが印象に残っている。

他の二人とは違い、作曲はほぼ行わず作詞のみ全曲行っている。女性の曲で「君」とか「僕」とか使いだしたのは、この人が登場した辺りから。

浜崎あゆみが好きだったのは「こんな子」

一般からギャル系。

教室ではウェーウェー騒いでるけど「本当の私はこんなんじゃないの」と心の中で思っていた女子。当時そんなような携帯小説が溢れかえっていたのを覚えている。

ただ宇多田と同じでギャル系以外にも結構な支持層がいてカラオケはこの人の曲ばかりだった。

漫画なら流行りのものをクラスの子から借りるような子がここ

おすすめの曲

好きな曲はだいたいここに入ってるので宇多田ヒカルほど紹介できないのが悲しい。

「poker face」「YOU」「Trust」とサウザンドアームズでお馴染みの「Depend on you」など初期の曲が好きです。当時深夜にCM流れまくってたな

当時流行ってた「M」や「Dearest」もいいけど「no more words」が好きです。たしか犬夜叉の劇中歌か何かだったと思うですがジーンと来ます。

椎名林檎

1978年生まれ、男女問わず根強い人気がある。

98年の5月に「幸福論」でメジャーデビュー。翌年の「本能」がミリオンセラーとなり、この辺りから世間に広く知れ渡って来た。最近ではリオ五輪の引継セレモニーも印象に残っている人が多いんじゃないでしょうか。

ポップスからロック、歌謡曲までなんでもこなすマルチなお姉さん。その度に見た目も変わっていくけど番組とか見た感じでは喋ると案外普通な人。

「幸福論」より少しあとに出た「ここでキスして」の方が世間的には知られているかと思う。

個人的にともさかりえに提供した「カプチーノ」って曲が凄く印象に残ってる。何気にともさかりえって名曲多いですよね。

あの林原めぐみに曲を提供したり、石川さゆりみたいな演歌な人から広末涼子、ジャニーズなどのアイドルに曲を提供したりと本当に幅が広い人。

椎名林檎が好きだったのは「こんな子」

人とちょっと違うことをするのが好きなサブカル女子。

女で中二病を発症するとだいたい東京事変とかにハマりだす。元患者が多いのでカラオケに行くと東京事変で履歴が埋まることも。

漫画でいうと少女漫画は読まずに「寄生獣」とか読んじゃう子がここ。

おすすめの曲

これ1枚持っとけば良いんじゃないと思うほどのアルバム。

「歌舞伎町の女王」「ここでキスして。」などこれ買っとけば間違いないです

「幸福論」はこっちの方が好き。チャットモンチーとか好きな人はハマる

タイアップ曲が多め。サッカー好きとしては「NIPPON」をすすめなくては

林檎姐さんじゃないけど、提供している曲が入っているのでこちらもおすすめ。

「カプチーノ」「木蓮のクリーム」をはじめ「エスカレーション」「恋してる」「二人」などめっちゃいい曲です。ともさかさん最高やで。

98年には他にも大物が

他にも98年組にはaikoやMISIA、モーニング娘。などがいますが、この3人だけでも長いのでまた後日にします。まあ失礼で余計な分類とかしなきゃ紹介できたけど

あと98年組には男性もいるみたいだけどあまり詳しくないので女性のみで。

ここで紹介したものは試聴できるので是非聞いてみてください