黒トイプードルのぶろぐ

アラサーおばはんのブログ。ガジェット、ゲームの話題や雑談など

手頃な価格で完成度も高いBluetoothイヤホン SoundPEATS Q34をレビュー

サウンドピーツのイヤホンQ34

こんにちは。たぐちです

お手軽価格のBluetoothイヤホンが人気のサウンドピーツ。

Q12、Q30とレビューしてきましたが、今回は最新モデルのQ34をご紹介。

今までの中で一番音質が良く、とても使い勝手の良いイヤホンになってますよ。

 

SoundPEATS(サウンドピーツ) Q34

コスパ良く、Amazonでも人気のSoundPEATSのBluetoothイヤホン。

Q34はそのSoundPEATSから出た最新モデル。シリーズ一番の音質でもちろんコストパフォーマンスも良いイヤホンとなっています。

  • 音質がいい
  • コスパの良さはこれまで通り維持
  • 再生時間が長い
  • 防水・防塵でノイズキャンセリング対応
  • コードにクセが付きやすい
  • イヤホンがやや大きい

 

おもな仕様

  • サイズ:L720mm×W42mm×H30mm
  • 質量:17g
  • Bluetoothバージョン:4.1
  • オーディオコーデック:Apt-X
  • ノイズキャンセリング:対応
  • 連続使用時間:7時間
  • 連続待ち受け時間:190時間
  • 充電時間:1~2時間
  • 防汗・防滴に対応、ハンズフリー通話対応

歴代最高とも言っていいぐらいの音質ですが、お値段はQ30とあまり変わりません。

連続再生時間こそQ30に劣りますが、待ち受け時間は190時間とかなり長くなっています。

ノイキャン、マイク、防水・防塵にも対応しているので普段使いに活躍するイヤホンです。

 

 

開封の儀

今回の外箱は反射がひどいので、見やすいようにフィルムだけ外しました。

そこだけはご了承ください。

 

パッケージ

f:id:taguchikun:20180323174630j:plain

いつもの箱から透明なケースに変わっていました。

スポンジにイヤホン本体が包装されていて、ちょっと高そうに見えます。

でもレビューするときは紙製の方が写真が撮りやすかったので少し残念。

 

同梱品

f:id:taguchikun:20180323174631j:plain

 付属品は以下の8点。内容はQ30とまったく同じです。

  • イヤホン本体
  • イヤーピース(SS/S/M/L/XL)
  • イヤーフック(S/M/L)
  • コードクリップ
  • ケーブル留めバックル
  • 収納ポーチ
  • microUSBケーブル
  • 取扱説明書

サウンドピーツはいつもイヤーピースのサイズが豊富でうれしい。

あと何気にUSBケーブルがきしめんタイプになっていたので便利でした。

 

外観

f:id:taguchikun:20180323174632j:plain

大きさはQ30よりは大きめ、Q12よりは小さめの中間サイズ。形が高いイヤホンみたいになっているので、この辺りも差別化されていますね。

LR表記も以前は見にくかったですが、Q34はかなり見やすくなりました。これでどっちが右でどっちが左だったか迷わないです。

f:id:taguchikun:20180323174633j:plain

イヤーフックはやや小ぶり。スポーツタイプのイヤホンじゃないので落ちないし問題ありません。

ちなみにフィルムが貼られているので取ってしまいましょう。

f:id:taguchikun:20180323174634j:plain

ボタンは大きくなって押しやすくなりました。

ただ装着時はボタンが大きいので隣のボタンも一緒に押してしまいそうになります。

 

感想

今回は音が良くなったのが最大のポイントでした。

ノイキャンも付いているので電車で音楽を聞くのに最高です。

  • 音質は歴代で一番良い
  • LR表記がわかりやすくなった
  • 目立った遅延はなし
  • 大き過ぎず小さ過ぎないサイズ
  • クセが付きやすいコード
  • 装着感はQ30に劣る

どうしてもQ12、Q30と比較してしまうので、また別の機会にまとめてみます。

 

過去最高の音質

とてもクリアで素直な音です。

低音ドンシャリなQ30より、クリアで特徴があまりないQ12の音の方が好きだった私はQ34も好みの音でした。クセがないイヤホンは聴きやすいですからね。

味付けは薄味ですが、好き嫌いがわかれることがない音です。

Amazonのレビューでも今までのイヤホンで一番音質が良いという声がたくさんあります。

 

LR表記がわかりやすい

今まではどっちがLでRかとてもわかりづらかった。

今回はかなりハッキリと多くか表記されているので、迷うことがなくなりました。

地味ですが、こういう部分を改善してくれるのがうれしい。

 

目立った遅延や通信切れはない

音楽や動画で利用するならまったく問題なし。通信も10mまで対応と家の中なら届く範囲。

  • 動画は遅延を気にしなくていいレベル
  • 音ゲー以外のゲームも遅延は気にならない
  • デレステなどシビアな判定が必要なゲームはやはり遅延あり

音ゲーはやはりタイミングを設定しておく必要があります。

もっと遅延に強いコーデックやワイヤレスイヤホンが出てもいい頃なのですが、なかなか出ませんね。

 

コードにクセが付きやすい

f:id:taguchikun:20180323174635j:plain

この写真を見てもらうとわかりやすいですがコードにクセが付きやすくなりました。

以前はクセが付きにくいものだったのに、どうして変えてしまったのか。

ここが一番残念なポイントでした。

 

装着感は前モデルより下

Q12とQ30はスポーツタイプということもあり、装着感がとても良かったです。

その2つに比べると装着感は若干劣るかなという印象を受けました。

サイズも小さくはないので、長時間付けていると少し耳が痛くなります。

 

使い方

使い方は他のイヤホンとほぼ同じで簡単です。説明書は今回が一番丁寧でした。

iPhoneとのペアリングもマルチファンクションボタンの長押しだけ。

  • ペアリング:青色と赤色で点灯まで、イヤホンのマルチファンクションを6秒間押す
  • 電源オン:ランプが青色で点灯するまで、マルチファンクションボタンを3秒間押し続ける
  • 電源オフ:ランプが赤色で点灯するまで、イヤホンのマルチファンクションボタンを3秒間押し続ける
  • リセット:電源がオンの状態で、+ボタンと-ボタンを同時に約7秒間長押し
  • 再生・一時停止:マルチファンクションボタンを押して一時停止、再度マルチファンクションボタンを押して再生
  • 次へ・前へ:+、-ボタンを長押し
  • 着信に応答する:着信中にマルチファンクションボタンを押す

 

まとめ

コードのクセとサイズがサイズは残念ですが、それを補えるほど音質が良かったので満足です。

再生時間は相変わらず十分長く、通信が途切れることもありませんでした。

とても安定していているので普段使いには最適ですね。

  • Q12、Q30より音がいい
  • サイズは小さくもなく大きくもない
  • 再生時間も十分、通信も安定
  • 遅延もシビアな音ゲー以外は気にならない
  • 相変わらずコスパがいい

Q30よりサイズアップしましたが、見た目の質感や音質はアップしました。

スポーツではあまり使わない、普段使いにイヤホンが欲しいという方にピッタリ。

価格も手頃だし、サブイヤホンにもおすすめです。