黒トイプードルのぶろぐ

アラサーおばはんのブログ。ガジェット、ゲームの話題や雑談など

1台2役で持ち運びに便利な「Anker PowerCore Fusion 5000」をレビュー

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション1. 軽くて薄い!DELLの13インチ・ノートパソコン「XPS 13」をレビュー
2. 【まとめ】ニンテンドースイッチの良いところ、悪いところ10
3. なぜ「乃木坂46」は「AKB48」より人気がないのか?
4. 女性や初心者も安心!台湾旅行を楽しむための持ち物&便利なものリスト

f:id:taguchikun:20170714172704j:plain

こんにちは。たぐちです

いつもモバイルバッテリーと充電器2つ持ち歩くのって不便じゃないですか?

そんなときに便利なのが、今回紹介するAnker PowerCore Fusion 5000です。

モバイルバッテリーと急速USB充電器が1つになっているので、2つ持ち運ぶ必要がありません。

あのHIKAKINも大絶賛で品切れ続出の人気商品となっています。

 

Anker・PowerCore Fusion 5000

私はよく旅行するんですが、モバイルバッテリーと充電器2つを持っていくのって面倒です。

この商品なら1台2役なので1つにまとめることができ、荷物も少なくなります。

またmicroUSBなどを使わずに直接コンセントから充電できるため、余計なケーブルも必要ありません。

 

おもな仕様

 

  • 価格:2599円
  • サイズ:約72mm x 70mm x 31mm
  • 質量:約189g
  • バッテリー容量:5000mAh(iPhone7で約2回充電可能)
  • 入力:AC使用時 5V=2A
  • 出力:AC使用時 5V=2.1A (最大合計x2.1A) / バッテリー使用時 5V=3A (最大合計3A)
  • 保証:18ヶ月

参考:Anker | PowerCore Fusion 5000 | Black

 

セールスポイントはモバイルバッテリー&急速USB充電器の1台2役。

従来ならモバイルバッテリーと充電器2つを別々で携帯しなければありませんでしたが、この商品はどちらの役割もするので1つ持ち運ぶだけで済んでしまいます。

荷物を増やしたくない旅行にはぴったりの商品ではないでしょうか。

 

開封・パッケージ

f:id:taguchikun:20170714151915j:plain

少し長いですが、いつものパッケージです。

f:id:taguchikun:20170714152009j:plain

開けると本体とケーブル類が入った箱が見えます。

いつものモバイルバッテリーや充電器より、箱の作りもしっかりしている印象。

 

付属品

f:id:taguchikun:20170714152256j:plain

付属品は以下の5点。付属のポーチは手ごろな大きさでなかなか使えます。

  • 本体
  • microUSBケーブル
  • 専用ポーチ
  • いつもの「Happy?カード」
  • 取扱説明書 兼 保証書

 

外観

f:id:taguchikun:20170714152643j:plain

見た目はモバイルバッテリーというよりUSB複数搭載の充電器に近い。

表面素材はテカテカ仕様ではなく、モバイルバッテリーと同じザラザラ仕様。

そしてバッテリー搭載なので、持つと手にずっしりときます。

f:id:taguchikun:20170714152806j:plain

接続面はUSB端子が2つと、充電用のmicroUSB端子が1つ付いています。

f:id:taguchikun:20170714153240j:plain

コンセントプラグは出し入れ可能なので、持ち運びに便利です。

スマホやタブレット付属の充電器はたまにむき出しのものがあるので不便。

 

PowerPort 4との比較

f:id:taguchikun:20170714153427j:plain

同じANKERの4ポート搭載・急速USB充電器「PowerPort 4」と大きさを比較。

「PowerCore Fusion 5000」の方が一回り大きくて重い。

f:id:taguchikun:20170714153731j:plain

横からの比較でも「PowerCore Fusion 5000」が一回り大きいことがわかります。

 

実際に使ってみる

f:id:taguchikun:20170714154030j:plain

まずは急速USB充電器として使用。

コンセントにつないでAndroidタブレットを充電していますが、問題なし。

ちなみにコンセントとUSB機器を同時につないだ場合、基本的にUSBに接続した端末が優先で充電されるようになっています。

f:id:taguchikun:20170714154316j:plain

お次はコンセントを外してモバイルバッテリーとして使用。

こちらもまったく問題なく充電できています。使い方も普通のモバイルバッテリーと変わらず簡単

  • オモテのボタンを押すとすぐに充電開始
  • つなぎっぱなしで30秒すると自動で充電開始
  • 充電の優先順位はUSB接続端末→モバイルバッテリーの順番

 

HIKAKIN絶賛も納得な使い心地

最初はあまり期待していなかったんですが、1台2役はやはり便利でした。

10000mAhのものもあるけど気軽に使いたいので、コンパクトで軽いこちらの商品にして正解だったかなと思います。旅行だと数十グラムの違いでも、負担が違ってきますからね。

用途としては

  • 重くて大きなモバイルバッテリー持ち運びたくない
  • 出先でも充電したい
  • スマホやタブレットと1,2回だけ充電したい

ただ「ノートPCとかタブレットを何回も充電したい」という方は、モバイルバッテリーと充電器両方持つか、他社製の10000mAhがおすすめです。

 

良いところ

  • バッテリー&充電器が1台2役で持ち運びに便利
  • コンセントから直接充電できる。ケーブル不要
  • 急速の名の通り充電時間も速い
  • コンパクトで持ち運びやすい
  • ポーチが案外便利

 

地味にうれしいのがコンセントから直接充電できるところ。今までのモバイルバッテリーはmicroUSBなどにつないで充電していたので、充電用の余計なケーブルが必要でした。

あとあまり語られていませんが、付属のポーチがメッシュ時でなかなか使えます。

 

気になったところ

  • ノートPCを充電するには5000mAhだと物足りない
  • 家で使うにはPowerPort 4などが便利
  • 充電器と考えていると重く感じる
  • 品切れ

 

スマホやタブレットなら問題ないですが、ノートPCなどを充電したいときに5000mAhではやはり物足りないなと感じました。ただコンセントがあるところなら、充電できるのである程度は欠点を補えるとは思います。

それと人気のためよく品切れ状態になります。ボッタクリ価格で売ってたりするので注意が必要。

しばらくすると在庫が復活していたりするので、ボッタクリ価格で無理に買わなくても大丈夫です。

 

まとめ

大容量のバッテリーもいいけど、重たくて大きいじゃないですか?

今までは普段も旅行にもモバイルバッテリーと充電器を2つ持ち歩いていましたが、こちらの商品を購入してからは1つだけ持ち歩くようにしました。

2つ持ち歩いていた時に比べて、かなりカバンの中が軽くなりましたね。

誰でも使えて汎用性も高いのでヒカキンが絶賛するのも納得です。

スマホやタブレットを何台も持ち歩くような人じゃない限りは、軽くて使い勝手の良いこちらの「Anker PowerCore Fusion 5000」がおすすめです!