読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒トイプードルのぶろぐ

アラサーおばはんのブログ。ガジェット、ゲームの話題や雑談など

休日は固定制とシフト制どちらが良いのか?メリットとデメリットを解説

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション1. 軽くて薄い!DELLの13インチ・ノートパソコン「XPS 13」をレビュー
2. 【まとめ】ニンテンドースイッチの良いところ、悪いところ10
3. なぜ「乃木坂46」は「AKB48」より人気がないのか?
4. 女性や初心者も安心!台湾旅行を楽しむための持ち物&便利なものリスト

休日の家族団らん

こんにちは。たぐちです

皆さんは休みは固定制ですか?それともシフト制ですか?

土日の電車の空き具合を見ても世間では、アルバイト以外なら固定制の休みが多いと思います。

ちなみに私は今の会社ではシフト制です。リストラされた前の会社はカレンダー通りの固定制でした。

では固定制とシフト制どっちが良いのか、メリットデメリット並べてみました。

最初に言っておきますが、私は固定制をおすすめします。

 固定制とシフト制

  • 固定制というのは休日の曜日が固定されているもの。

一般的には土日祝などカレンダー通りが多いので、ここで語る固定制=土日休みだと思ってもらっても良い。

 

  • シフト制というのは休日の曜日が固定されていないもの。

自分で休みたい日を決めたり、会社の都合で勝手に決められたりする。

 

 固定制のメリット

 休みが決まっているので予定が立てやすい

年間を通してだいたいの休みが決まっているので予定が立てやすいです。

習い事をしたり、副業や掛け持ちでバイトしたりすることが出来ます

生活リズムが崩れにくい

1週間の勤務と休みがほぼ一定なので、生活リズムが崩れにくいです。

月曜日は憂鬱ですが、水曜日過ぎた辺りから「あと3日行けば休みだ」とカウントダウンが始まり、金曜日のテンションはMAXになります。

友人や家族と遊んだり出かけたりしやすい

世の中のほとんどが土日休みの企業です。

なので日曜日に友人と遊びに行ったり、家族とご飯を食べたりと出掛けやすいです。

連休が多い

月曜日から金曜日を働けば絶対に連休が待っています。

土曜出勤の人や隔週勤務の人も、月曜日が祝日と言うパターンが多いので連休がもらえます。

子供を預かってくれる施設がある

保育園や幼稚園では日祝は預かってくれないところが多いです。

また小学校以降も土日祝が休みになるので、子供と過ごしたり面倒をみることができます。

 

固定制のデメリット

自分の好きな日に休めない

水曜日に習い事があるから休みたいなと思っても、有給以外で休むことは出来ません。

役所や病院など平日しか空いてないところになかなか行けない

病院ならまだ土曜の午前中空いていたりもしますが、役所や銀行って平日しか空いてませんよね?

もしこういうところに用があるなら若干不便だったりします。

車の免許更新でわざわざ有給を取ったりしなくてはなりません。

私が固定制で一番困ったのはここですね。

満員電車や車の混雑を毎日味わう

世の中平日に出勤して土日は休みという会社がほとんどです。

ということは満員電車などは毎日味合わなければなりません。

まあ満員電車や車の渋滞とは無縁と言う方もいるでしょうが

連勤が多い

平日に出勤ということは、祝日がない場合は確実に5連勤になります。

連勤って結構しんどいですよね。

月曜日の恐怖から、日曜日から憂鬱になること間違いなしです。

旅行は価格が高いシーズンになる

平日が休みと言うことは土日祝を利用して旅行に行くことになります。

また固定制の場合、GWやお盆、お正月などに長期休暇が出ると思いますが、そのシーズンって大抵どの会社も休みなので、観光地は混雑して旅費も高くなります。

 

シフト制のメリット

好きなときに休める

だいたいシフトの希望表を事前に出したりして、休みたい日を決めることができます。

まあうちの会社の場合、正社員は勝手に決められるけど

役所や病院、銀行に行きやすい

平日に休みがあるパターンが多いので、通院もしやすいです。

また給料日なども銀行が空いているので朝早くに並ぶ必要なしです。

満員電車や車の混雑を回避できる

土日祝出勤は電車が空いているので本当に楽です。

ぎゅうぎゅうの電車が土日になると嘘のように空いています。

有給申請が通りやすい

固定の日に休みがない分、有給の申請はほぼ100%通ります。

そんなもん通らないよって人はごめんなさい

連勤が少ない

3回行って1日休み、2回行って1日休みなど連勤が少ないので楽ですね。

安いシーズンに旅行できる

平日に休みが増える分、旅行に平日に行くことが多くなります。

そのため旅費が安く済んで観光客で混雑する日を避けることが出来ます。

 

シフト制のデメリット

いつ休みかわからないので予定が立てにくい

シフトが出るまで、いつ休みになるのかわかりません。

なので習い事や副業でバイトしたりするのが難しいです

年間を通しての予定も立てにくいです

生活リズムを崩しやすい

月のうちの休日日数は決まっていますが、1週目は休日が3日で、2週目は休日が1日しかないなんてこともあります。

友人や家族と遊んだり出かけたり出来ない

土日の出勤が多く、休みの日もバラバラなので家族や友人と休日の日が合いません。

また世間が大型連休をしているGWやお盆、お正月などは出勤になることが多いので、余計に予定を合わせにくいです。

家族は連休中にみんなで焼肉なのに、自分だけ家でカップラーメンってことも

連休が少ない

連勤が少ない分、連休も少なくなりがちです。

固定制のように土日に確実に連休があるわけじゃないので、休みの日は寝て終わりということも

土日出勤が多いので保育園など子供を預かってくれるところが少ない

これは働くお母さんにとって致命的な問題です。

大抵の保育園や幼稚園は日祝に預かってくれません。もし預かってくれるところがあっても日給分より高かったりして、トータルで損をします。

また小学校に上がっても土日祝はお休みになるので、問題は続きます。

 

固定制休日に向いている人

  • 土日は確実に休みたい
  • 予定を早くから立てたい
  • 子供が小さい
  • 習い事をしている
  • 副業や掛け持ちのバイトをしている
  • 交友関係が広い、よく出掛ける

習い事に行ったり、友人と遊びに出かけたりと、まあスケジュールがしっかりと埋まっている所謂、リア充な人は無難に固定制の方がいいでしょう。

特にお子さんがいる方は絶対に土日休みの勤務体制をオススメします。

 

シフト制休日に向いている人

  • 自分で休みを決めたい
  • 独身
  • 通院している
  • 役所などに行く機会が多い
  • 休日は一人で過ごす、外出しないことが多い
  • 旅行をよくする

休日もこれと言って出掛けたりすることもない、インドアな人はシフト制に向いているかと思います。独身で自由気ままが出来る方は人に予定を合わせる必要もさほどないですし。

私のように旅行によく行く人は平日休みだと便利ですよ。

 

まとめ

私の経験上、固定制休日の勤務体制のところに務めることをおすすめします。

シフト制でも休みが自分で決められるのなら、まだいいですが私の会社のようにパート以外は希望した日を休日に出来ないと本当に予定が立てられなくなります。

歯医者さんの定期健診とか3か月に1回なので「次はいつにしますか?」とか聞かれても、そんなものわかるか!と毎回思ってしまいます。

 

それにシフト制のところって飲食などのサービス業が多いので、まあブラックも多いです。

年間休日日数は決まっていますが、GWやお盆、お正月などは高確率で出勤です。

世間が休んでいるときに、忙しく働かないといけないんです。

ただその分祝日手当などが出るので、おいしいと言えばおいしいですが

 それにしてもアイキャッチ画像の破壊力は凄いな

1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート