読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒トイプードルのぶろぐ

アラサーおばはんのブログ。ガジェット、ゲームの話題や雑談など

ブログの記事投稿時間でアクセス数は変わるのか実験してみる

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション1. 軽くて薄い!DELLの13インチ・ノートパソコン「XPS 13」をレビュー
2. 【まとめ】ニンテンドースイッチの良いところ、悪いところ10
3. なぜ「乃木坂46」は「AKB48」より人気がないのか?
4. 女性や初心者も安心!台湾旅行を楽しむための持ち物&便利なものリスト

f:id:taguchikun:20161211041229p:plain

こんにちは。たぐちです

いつの記事(もしかしたらTwitterかも)だったか忘れちゃったんですが、以前「ブログ記事を投稿する時間はアクセス数に関係するのかな」とサラッとつぶやいたことがありました。

特にググって調べたり検証しようともせずに来たのですが、大した労力もいらないので一度実験を兼ねて記事の投稿時間をゴールデンタイムに変更してもいいんじゃないかと思い始めたので実験していきたいと思います。

余談ですが最近このブログでも「いらすとや」さんのイラストをちょこちょこ使っているけど他のブログどころか街のポスター、会社の資料何かとも高確率でかぶってしまいます。

 

投稿時間で本当にアクセス数が違うのか

毎日ブログを更新していく中で「Twitterでブログを更新したことをツイートするってことは、夜中にツイートするより夜の方が目に留まりやすくないか?」と疑問が沸いてきました。

せっかくハッシュタグまでご丁寧に自動で付いてくるんだから絶対フォロワーさん以外も目にする機会があるはずなんですよね。

と考えつつ、ふといつものように「購読ブログ巡り」をしているとこんな記事を発見しました。

 

 

www.pojihiguma.com

 

 

初心者ブロガーの強い味方ポジ熊さん。

いつものように私が無言フォローしても優しくフォロバしてくれる方です。忙しいのにマメに返せるなんて凄い人だなと感心しております。

そんなポジ熊さんのブログにこんな記事を発見。

この記事によると

 

経験則ですがここで記事を公開するとレスポンスが抜群です。

さらに順位をつけてみましょうか。

  1. 17時~22時
  2. 7時~9時
  3. 11時~12時
出典:ブログ記事投稿時間がアクセス数に影響する理由 - ポジ熊の人生記

 

こちらの時間がブログを読まれやすい時間帯らしい。

これ見て驚いたんですが、朝7時から9時って皆さんこんな早い時間にブログ見るの?夜行性の私は寝てる完全に時間ですね。いやむしろ寝てないで起きてるぐらいのレベル。

ちなみに私はいつも0時頃に記事を投稿していました。予約投稿じゃない時は夜中の4時とかです。これを見ると0時から4時は入ってないのでやっぱダメな時間だったな

 

ポジ熊さんはさらに狙い目の時間を絞って載せてくれてます。

 

まぁ雑に結論を述べると17時~22時がブログ記事投稿の狙い目ってことです。

出典:ブログ記事投稿時間がアクセス数に影響する理由 - ポジ熊の人生記

 

 

とポジ熊大先生も言っているので、17時から22時にブログの記事投稿をしていきたいと思います。

 

もう少し時間を絞る

17時から22時だと結構幅が広いので通勤時間のピークタイム18時を投稿時間にしましょう。

18時だったら学生さんも家に帰ってるだろうし、私のようなノー残業リーマンや始業時間が早い人ならそろそろ帰ってる時間なはず。

私的にはもう少し遅めでもいいかなと思ったんですが、22時とかだと今までと2時間しか変わっていないのでもう少し時間が違う方がいいのかなと思っただけです。

19時から21時だとテレビのゴールデンタイムと被るので何となく違う時間にしたいのもありました。

 

実験期間は2週間

実験期間はいつものように2週間。「セルクマ実験」と同じ期間です。

なんで2週間なのかと言うと

  • 1ヶ月じゃ長いので私が忘れる可能性がある
  • 期間が長過ぎると何が要因でアクセス数に変化があったのかがわかりにくくなる
  • 早く結果を知りたい

 

この辺のことを考えて2週間としました。ただ旅行があるので途中で途切れる可能性があるわりと危ない時期にやっています。なんとか頑張って成功させたい。

そういえば、こちらもそろそろ実験が終わるころですね。結果が楽しみ

 

taguchikun.hatenablog.com

 

最後に

ここまで記事を書いてて思ったんですがもうポジ熊さんがしっかりまとめてくれてるので

私が実験する必要はあるんだろうか?

 

いやこのブログのような弱小ブログとは違うのできっとある、、はずと信じて実験していきます。