黒トイプードルのぶろぐ

アラサーおばはんのブログ。ガジェット、ゲームの話題や雑談など

あなたに「あだ名」はありますか?あだ名で呼ばれると嬉しく感じる理由

f:id:taguchikun:20170605084515j:plain

こんにちは。たぐちです

あなたにはニックネームってありますか?

私は生まれてこの方「あだ名」(ニックネーム、愛称)が付いたことがありません。

なのであだ名っぽい呼ばれ方をすると、とても嬉しく感じてます。

ニックネームなしの人生

私はニックネームで呼ばれたことがないです。というか付いたこともない。

  • 苗字を呼び捨て
  • 苗字+さん
  • 名前+ちゃん
  • たまに名前呼び捨て
  • お姉ちゃん

 

だいたい上のどれかで家族に限っては名前ですら呼んでくれなかったりする。

ある程度親しい人で一番多いのは「苗字のみ」、その次は「名前+ちゃん」で、ニックネームどころか名前オンリーのみで呼んでくれる人めちゃくちゃ少ないです。

 

あだ名が付かない理由

  • 苗字
  • 名前
  • 見た目
  • 人間関係
  • キャラクター

 

私の場合まず苗字も名前もあだ名にしやすいものじゃありません。

苗字も名前も古臭く、珍しくもなく、ありふれた名前でもない中途半端なもの。

私自身の見た目が親しみを感じるものじゃないのも要因。どちらかというと「恐そう」とか「きつそう」と言われやすく、近寄りがたい見た目なのでニックネームを付けにくいのかもしれません。

また人間関係も深く付き合うことが少なく、キャラ的にも合わないのが要因かと。

こうして考えてみると、私はあだ名が付かない要素の塊だなと感じます。

 

なぜあだ名で呼ばれたり、付けられると嬉しいのか

  • 親しみを感じる
  • 距離が近くなる
  • 呼びやすい
  • 覚えてもらいやすい
  • 唯一無二の存在になった気がする

 

やはりニックネームがあると親しみを感じて、お互いの距離がグッと縮まります。

田村さんと言うよりも、ゆかりんと言う方が距離が近くなりますよね?

そしてニックネームがあることで呼びやすく、名前を覚えてもらいやすくもなります。

「山下智久さん」だけなら呼びにくいし覚えにくいのに対し、「山P」というニックネームがあることで老若男女が呼びやすく、山Pとして認識してもらいやすくなります。

ただあまりにもニックネームが浸透し過ぎると、「山下智久」って誰やねんということになりかねませんが。

またニックネームがあることで、唯一無二の存在になれた気がします。

滝沢さんだけだと、秀明かカレンさんかはわかりませんがタッキーなら秀明さんとわかります。他の人にはないものというのは、価値がありますよね。

 

嫌がる人もいるかも

ただ距離感が近くなる分、嫌いな人や親しくない人に呼ばれるとイヤな人もいるかもしれません。

それなら普通に「たぐち」とか「たぐちさん」と呼んでくれた方が無難といえば無難ですね。

会社ではニックネーム呼びはセクハラになる場合もあるので、苗字+さん呼びで統一されています。たまにプライベートな部分が出て、ニックネームで呼んでいる人がいますが堅い上司だと注意されることもあります。

まあ常識的に考えれば会社にもよるけど、苗字呼びが良いですね。

 

また容姿から連想されるニックネームはいじめにつながります。

ちびまる子ちゃんなんて本人が嫌だと感じれば立派ないじめです。

 

ニックネームで呼ばれやすい人

まずニックネームが付けられやすい人の特徴として

  • 苗字があだ名にしやすい

例:松本ならまっちゃん、浜田ならはまちゃん

  • 名前があだ名にしやすい

例:奈津子ならなっちゃん、美紀ならミキティ

  • 苗字が少し難しい、堅苦しい

例:滝沢ならタッキー

  • 名前を呼ぶには長い

例:しんのすけならしんちゃん、ブラジル、ポルトガル、スペイン人

  • 見た目が特徴的

例:太っているならぶーちゃん、小さいならちーちゃん

  • キャラクター

例:人懐っこい、かわいい、人見知りしない、友達が多い

  • 苗字、名前がよく被る

例:だいさく、大ちゃん、小野D

  • アイドルか声優

例:あーちゃん、さっしー、まゆゆ、ゆかりん、ほっちゃん

 

まず苗字や名前があだ名にしやすい人はニックネームを付けられやすいですね。

とくに「つ」が入っている名前は付けやすいのか、ニックネームになる印象。

あとは堅苦しかったり、長い苗字や名前の人もニックネームを付けられる印象があります。ブラジル人なんて最たる例で、名前が長過ぎてニックネームが本名みたいになってます。

苗字や名前が被る人もわかりやすくするために、ニックネームを付けられますね。

私の年代では「だいすけ」や「たつや」が多かったため、あだ名をつけたり苗字で分けたりしていました。しかし女性は意外と名前が被らないんですよね。

 

前々から不思議に思っていたのが最後の「アイドル」と「声優」

100%と言ってもいいほどニックネームがあります。

たぶん覚えてもらいやすくするのと、距離感を近づけるためなんでしょうけど不思議ですよね。

あとAKB48ではたいがいニックネームが付いているのに、大島優子だけ「優子」と普通な呼び方していたのは何故なのかしら? あっちゃんとか、こじはるみたいなのはないんでしょうか。

 

まとめ

やはりニックネームがあった方が親近感が湧きますよね。

リアル世界ではニックネームで呼ばれることがない私ですが、ブログ世界では先輩ブロガーに「たぐっちゃん」と呼ばれたり、後輩ブロガーに「たぐちん」と呼ばれたりと大変嬉しく感じています。

別に「たぐち」や「たぐちさん」でも全然結構なんですが、ちょっとしたニックネームで距離感がグッと縮まるんですよね。そんなに親しくなかった人でもニックネームで呼ばれたら、距離が縮まって好きになります。

 

余談ですがファーストネーム呼びも距離感が縮まりますよね。

コストコとか外資系の企業ではネームプレートがファーストネームだけですが、普段は従業員同士で、苗字で呼んでいるのか名前で呼んでいるのか少し気になります。