黒トイプードルのぶろぐ

アラサーおばはんのブログ。ガジェット、ゲームの話題や雑談など

【2018】ブロガー5人でサッカーワールドカップの優勝国を予想してみました

こんにちは。たぐちです

2018年の6月14日にいよいよロシアにてサッカーワールドカップが開催されます。

そこで今回はブロガー数人で優勝国を予想してみました。

  • 今回の最有力優勝国はどこなのか
  • サッカーファンの分析が知りたい
  • ちょっと面白そう

こんな方は参考にしてしていただけたら嬉しいです。

私のようにゆるーく予想したり、専門家顔負けのガチ分析をしている人など様々。

 

たぐちの予想

最初は私の簡単予想から行きましょうか。

  • 本命:ドイツ
  • 対抗:フランス
  • 単穴:ブラジル

本命はドイツ。うん、面白くもなんともないガチガチの予想です。

競馬なら3連複で1桁レベルの予想。

 

理由と分析

本命:ドイツ

チームのまとまり、タレント、選手層の厚さ、安定性、すべて揃っているのがドイツ。

全体的には若いチームですが、エジル、ミュラー、フンメルス、クロースなど優勝経験者も多いのが強み。

ヨーロッパ大会ではヨーロッパが優勝、連覇というプレッシャーはありますが、ドイツは安定しているし勝ち方もわかっているので安心。

不安材料でもある守護神ノイアーが出場できなくても、ドイツはGKが豊富なので問題なし。

 

対抗:フランス

時点でフランス。選手層の厚さはドイツより上かもしれない。

DF陣が不安なので大負けの可能性もあり、安定性ではドイツに劣るので対抗としました。ただ1度ノってくると優勝しそうな気配があります。

W杯では長いこと結果が出ていないもののEURO2016では準優勝しているし、有望な若い選手だけではなく、20代後半以上の今ピークを向かえる選手もいるので、優勝も十分あり得ます。

 

3番目:ブラジル

3番手は良くも悪くも、ブラジル代表はヨーロッパ化したブラジル。

ネイマールの調子がわからないのと、日替わり主将のアウベスがケガ不出場と不安材料が多い。

バルセロナのコウチーニョや、ガブリエル・ジェズスなどタレントは悪くはない。ただ近年言われているように、3Rがいたころに比べると圧倒的な個がなくて地味。

それでもブラジルなんでやはり外せない。

 

大好きなスペインを選ばなかった理由

そもそもスペインって弱いんですよ。名前だけ。

南アフリカとEUROの連覇とかちょっとおかしかった。

その南アフリカのメンバーが多く残っている中盤とディフェンスは経験値も高く、ポジティブ材料です。レアル・マドリーではベンチ要員のイスコなど有望な若手も混ざっているし、ここだけ見れば優勝候補。

特にGKはどっかのイングランドさん(今回は良かった)と違って、いつも充実しています。

でも前線がダメ過ぎる。

D・コスタとかが大量得点しているイエージが浮かばない。

予選ではモラタが大活躍だったけど、チェルシーではダメだったし結局代表落選。

スペインは毎回前線が点取れなくて、ゴール不足に陥るから優勝はムリ。

以上、優勝候補より長いスペイン代表への不満でした。

 

ゴンタさんの予想

  • 本命:ドイツ

本命は応援している国ということでドイツ。

ゴンタさんは予想というより応援している国で選んでくれました。

ガッツリ分析も良いけど、こういう理由も見ていて楽しい。

 

理由と分析

2010南アフリカ・ワールドカップのイングランド戦(ランパードのゴールが認められなかった試合)で、圧倒的なスピードのカウンターを見て凄いと思ってファンになったから。

好きな選手はエジル。

 

ブログ紹介

 ゲーム中心のブログ。横浜DeNAのファンで野球の話題も 。

 

わんらぶさんの予想

  • 本命:ドイツ
  • 対抗:ブラジル
  • 3番手:フランス

本命はドイツ。順番は違いますけど、私と同じ国と予想。

やはりこの3か国の鉄板感が凄い。

 

理由と分析

本命:ドイツ

欧州のビッグクラブでプレーしている選手が多い中盤は特に豪華。

GKをはじめとした守備陣も控えのレベルも高い。連戦が続くから、控えにスタメンと遜色ないメンバーが揃っているのは大きい。

あとは、ワントップに入るであろうヴェルナーが大会中に成長すれば、優勝する可能性はとても高いと思う。

 

対抗:ブラジル

ネイマール、コウチーニョ、ジェズス擁する攻撃陣がかなり優秀。一番見ていて面白いサッカーをしそう。

中盤もパウリーニョやカゼミーロなど戦えるメンバーが揃っている。

監督が試合ごとにキャプテンを変えている、という試みも機能していて、大会中もチームをして連帯感がありそうだ。

あとはネイマールが怪我・出場停止にならなければ。もしネイマールがいないとなると、かなり攻撃力が落ちる。

 

3番手:フランス

若手がとても多いから、大会中に大きく成長する可能性が高い。

エースのグリーズマンもここに来て調子を上げてきていて、中盤のカンテは守備はもちろん攻撃力も上がってきている。

ただディフェンスラインがちょっと心配。

ウンティディはこの1年で大きく成長したけど、ヴァランは怪我をしがち、コシェルニーは怪我で出られない、SBは守備が微妙そうだ。

 

ブログ紹介

ゲームと犬の話題が中心ですが、サッカーなどの記事もあります。

私と同じトイプードルを飼っていて、とても可愛い。

 

えむさんの予想

  • 本命:ドイツ
  • 対抗:フランス
  • 3番手:ブラジル

シャルケファンということもあり、本命はドイツ。お馴染みの3か国でガチ予想。

順番もまったく私と一緒ですが、私と違って分析はしっかりしてくれています。

 

理由と分析

本命:ドイツ

2018W杯はドイツ代表の連覇と予想する。

決定的なエースストライカーと言える選手は不在だが、それ以外の選手層とレーヴが作る円熟味のあるチームは大崩れする可能性が少ない。

ノイアーがメンバーを外れたとしてもテア・シュテーゲンが控えるGKは盤石。

注目の選手はどのポジションでも活躍が見込めるキミッヒ。
右サイドバックとしてプレーすればビルドアップに関わりつつ、中央よりのポジショニングを取ることで相手のプレスを無効化できる。
非常に「気が利く」選手で彼がいるといないではチームが変わってしまうほどだろう。

私はシャルケを応援しているため、シャルケ関連の選手にも注目している。
特にゴレツカはシャルケの中心選手であり、ボランチからウイングまでこなせる上、シュート・ドリブル・パスの三拍子が揃った万能型のミッドフィルダー。
来季からはバイエルン所属になるが、現在シャルケに所属する唯一のドイツ代表選手として得点に絡むプレーを見せて欲しい。

 

対抗:フランス

次点で選ぶのはフランス。
W杯での成績は不安定だが、もうそろそろ結果を出しそうだ。

ディフェンスラインは若干不安だが、それを打ち消すほどの豪華な中盤。
マトゥイディ、エンゾンジ、ポグバ、カンテ、トリッソの面々は誰が出ても中盤を掌握できる。
ポグバとカンテばかりが注目されるが、エンゾンジもなかなかの実力者。大きい身体を活かしてボールを絡め取るディフェンスから鋭く早い斜めのパスでチャンスを演出する場面は必見。

もちろん前線も充実しており、ジルーの周囲でグリーズマンが絡んだり、デンベレとムバッペの突破力を活かした攻めなど、攻撃パターンも多彩。

 

 3番手:ブラジル

前回のW杯で自国開催ならトラウマになるような敗戦をしたブラジルだが、それを払拭して欲しい。

光り輝くようなタレントがいる中盤ではないが、堅実な試合運びができる選手が揃ったとも言える。
特にカゼミーロ、フェルナンジーニョなど安定感のある選手が前線を支えてくれるはずだ。

リバプールで充実のシーズンを過ごしたフィルミーノや、PSGに不満を抱えてると言われるネイマールなど、前線の選手のメンタルは様々だが、王国ブラジルの復権のため一致団結し、結果を残して欲しい。

 

ブログ紹介

WPにてサブカルメインのブログを運営してらっしゃいます。

 

▶蹴球鹿 | 鹿島アントラーズからサッカーを読み解く

こちらは鹿島アントラーズとシャルケ中心のサッカー特化ブログ。 

 

ハレさんの予想

  • 本命:ドイツ
  • 対抗:ブラジル
  • 3番手:スペイン

本命は大正義ドイツ。時点でブラジルとここまでは皆さんと一緒。

ただ3番手にスペインを選んだのはガチなのか、私への忖度なのか。

 

理由と分析

本命:ドイツ

大本命は前回ブラジルW杯優勝のドイツ。

エジルやクロースをはじめとした主力にヴェルナー、サネといった若い選手の台頭も加わり選手層は盤石です。

各ポジションに穴がなく、2017コンフェデレーションズカップでは若手中心のメンバーで優勝するなど最近の実績も十分で、まさに大本命と言えるでしょう。

唯一の不安は長期離脱していた守護神ノイアーの試合勘か。

注目選手はエジル。

不動の司令塔の活躍がチームの出来を左右するのは間違いないでしょう。

 

対抗:ブラジル

対抗はブラジル。

最終節までもつれる混戦となった南米予選で圧倒的な強さを見せ、4試合を残して突破を決めました。

長らく不安視されていたCFにもガブリエウ・ジェズス、フィルミーノといったトップ選手が現れ、穴と言えるポジションはなくなりました。

前回大会で惨敗を喫したドイツとのリベンジマッチが実現するかも見どころです。

注目選手はコウチーニョ。

ネイマールの後釜として入団したバルセロナで期待に違わぬ活躍を見せているファンタジスタです。

 

3番手:スペイン

ドイツ、ブラジルに次ぐ優勝候補はスペイン。

グループリーグ敗退に終わった前回大会からの立て直しに成功し、欧州予選は9勝1分で突破しました。

バルセロナからヴィッセル神戸にまさかの移籍を果たしたイニエスタを中心に、ダビド・シルバ、コケ、イスコなどテクニシャンを多く揃えます。

ラモス、ピケ、デ・ヘアを擁する守備陣も強固で特にデ・ヘアは今シーズン世界No1.GKと言ってもいいくらいのパフォーマンスを見せました。

 

ブログ紹介

はてなブログとWPでブログ運営されています。

理系の話題中心で私には何を言っているのかサッパリ。

 

まとめ

予想はしてたけど、全員の本命がドイツ。時点でブラジル、フランス。

雑誌や専門家もほぼドイツが本命と大正義ドイツ状態なので、天邪鬼な私はこうなったら番狂わせでドイツ負けてしまえとか思ってしまいます。

まあワールドカップはブラジルとドイツ、たまにイタリアが優勝する大会と言われますしね。大昔に優勝したウルグアイを除いて、データからもこの3ヶ国から優勝国が出る可能性が高いでしょう。

え?イタリア?そういえば予選でそんな国見かけたな(すっとぼけ)

 

個人的にはアフリカ勢とアルゼンチンに頑張ってほしいけど、優勝はかなりむずかしい。そろそろアルゼンチンとか優勝してもおかしくないし、メッシに何かと思うところ。

肝心の我らが日本はベスト16も厳しいけど、勝てなくもない相手。

まあ当たっても外れても特にどうこうなるわけではないし、ブロガーさんたちと優勝国予想楽しかったので良しとします。4年後またやりたい。