黒トイプードルのぶろぐ

アラサーおばはんのブログ。ガジェット、ゲームの話題や雑談など

【比較】SoundPEATSの人気BluetoothイヤホンQ12、Q30、Q34はどれが一番おすすめ?

こんにちは。たぐちです

私は色々なイヤホンを試して当ブログでもレビューしてきましたが、サウンドピーツのBluetoothイヤホンはコスパも使い勝手もたくさんの人におすすめできるイヤホンです。

特に人気なのが「Q12」「Q30」「Q34」の3つで、どれを購入しようか迷っている方も多いはず。

そこで今回は

  • Q12、Q30、Q34のどれが良いのかわからない
  • 3つのどれかを購入したい

という方に向けて3つを比較レビューしてみました。

 

Bluetoothイヤホンの入門機・SoundPEATS Q12、Q30、Q34を比べる

メーカーも同じで価格帯も近いですが、似ているようで微妙に違います。

比較してみて3つとも共通しているのが

  • コスパがいい
  • 機能的で使いやすい
  • 音質も悪くない

この3点です。どれも安くて使いやすいのでBluetoothイヤホンをはじめて使うのに適しています。

 

スペックの比較

  Q12 Q30 Q34
価格 2999円 5990円 4280円
サイズ(L×W×H) 590mm×25mm×32mm 635mm×25mm×32mm 720mm×42mm×30mm
質量 15g 15g 17g
Bluetoothバージョン 4.1 4.1 4.1
コーデック SBC、apt-X SBC、apt-X SBC、apt-X
ノイズキャンセリング QVC6.0 QVC6.0 QVC6.0
防水・防塵 IPX4 IPX6 IPX4
連続再生時間 6時間 8時間 7時間
連続待ち受け時間 180時間 100時間 190時間

 

定価はQ12がかなり安く、Q30が高い。ただ実売価格はQ30とQ34はあまり差がないですね。

スペックは再生時間などに若干の違いがあるものの、使ってみるとそれほど差を感じない。連続再生時間や防水機能の面からみてQ30が若干良いかなぐらいの差です。

 

外観

f:id:taguchikun:20180412151033j:plain

左からQ34、Q30、Q12。比べるとQ34が大きくてQ30が小さいのがわかります。

細かいところですがQ34はLR表記がわかりやすいのが良いですね。他のはわかりにくい

f:id:taguchikun:20180412151034j:plain

裏面から見てもQ30が小さいのがわかります。スペック上はQ12の方が小さいですが、Q12は形状が悪いのか見た目も装着時も大きく感じます。

Q34はイヤホン全体は大きいですが、耳に差し込むスピーカー部分はQ12より小さい。この違いがQ12の実寸より大きく感じる部分ですね。

f:id:taguchikun:20180412151036j:plain

上からQ34、Q30、Q12。

やはり本体全体Q34が大きめで、耳に差し込む部分はQ12が大きいです。

Q30は他2つに比べてサイズが小さく、長時間付けても疲れないのが外観でわかります。

 

音質

スペックではわからない音質について。

  • 音質はQ34が頭一つ抜けている
  • Q30は低音ドンシャリ寄り
  • Q12、Q34はクリアでバランスが良い
  • ホワイトノイズはQ34が少し強い
  • ノイキャンはすべて同じ性能

やはり音質に関してはQ34がダントツかな。Q30は低音ドンシャリ寄りでクセが強くなっています。

決して悪い音ではないですが、私の好みはQ34>Q12>Q30の順番。

 

リモコン

f:id:taguchikun:20180412151037j:plain

上からQ34、Q30、Q12。比べると違いがありますね。

  • Q34:ボタンが大きく押しやすいが、感覚が狭いので少し使いづらい
  • Q30:ボタンも大きめで感覚も広く押しやすいが、ボタンが若干固い
  • Q12:他2つよりボタンがかなり小さいので使いづらい

充電はどのモデルもすべてmicroUSBケーブルを使用。

個人的にはQ30のリモコンが一番使いやすかったです。

 

案外違うコードの長さ

f:id:taguchikun:20180412151035j:plain

上からQ34、Q30、Q12。比べてみると結構違います。

長さはQ34が他2つより長めできしめんタイプじゃないので、クセが付きやすい。

Q30は短めなので装着した時にコードが一番邪魔にならないですね。

 

使い方はどれもほぼ同じ

基本的には以下の使い方。というかどこのメーカーでもこの使い方ですね。

  • ペアリング:イヤホンのマルチファンクションを登録できるまで長押し
  • 電源オン/オフ:マルチファンクションボタンを軽く長押し
  • 再生・一時停止:マルチファンクションボタンを押して一時停止、再度マルチファンクションボタンを押して再生
  • 次へ・前へ:+、-ボタンを長押し
  • 着信に応答する:着信中にマルチファンクションボタンを押す

 

結局どれが一番いいのか

連続再生時間や充電時間、通信などの機能面は大きな違いは特になし。どれも満足いくレベル。

  • 価格
  • 音質
  • 大きさ・装着感

この3つが大きな違いですかね。私は今Q34が一番使用率高いですが、長時間使うなら装着感がいいQ30を使用しています。

 

価格重視の人にはQ12がおすすめ

  • 価格が一番安い
  • 音質はクリアでクセがなくそこそこ
  • 大きくて重い
  • リモコンのボタンが小さい

価格も他の2つより安く、機能面でもそれほど遜色ありません。

音質もクリアで素直。クセが少なくうまくまとまっています。

ただサイズが大きめなのと、デザインの古臭さがは気になるところ。

コスパ重視の方におすすめ。

 

 

ドンシャリ好き、装着感、全体的なバランスならQ30がおすすめ

  • 小さく装着感が良く、遮音性が高い
  • 音質は低音重視でドンシャリ
  • すべてがまとまっていてバランスが良い
  • 定価が一番高い
  • 音に若干クセがある

付け心地は3つの中で一番よかった。機能面も若干高めでバランスがいいイヤホン。

小さくて装着感がいいので、長時間付けていても疲れにくいです。

音はクセが強めで好みではないですが、聴く音楽ジャンルや低音重視の人は好きかと。

全体のバランスやフィット感を求める方におすすめ。

 

 

音質と見た目のカッコよさならQ34がおすすめ

  • 音質が良い
  • ボタンが大きい
  • 完成度が高く、見た目がカッコイイ
  • 普段使いに適したイヤホン
  • やや大きめで装着感は一番よくない 

音に関しては一番良いので迷ったらこのイヤホンかな。

個人的に上2つより密着しないので装着感が悪かったですが、通勤などの普段使いなら気になりません。

音質も良くて完成度も高いので、普段使いならコレがおすすめ。

 

 

まとめ

お手頃価格のBluetoothイヤホンを盛り上げた立役者・サウンドピーツ。

中華メーカー中心にいろんなところが参戦して激戦状態ですが、やはりこのメーカーは安心できます。

今回の比較をまとめると

  • とにかく安い方がいい→Q12
  • 付け心地とバランス重視→Q30
  • 音質重視、新しい方がいい→Q34

言えることはどれを買っても損はしないし、おすすめできるのは間違いないです。

個別でレビューしているので詳しく知りたい方はそちらもご覧ください。