黒トイプードルのぶろぐ

アラサーおばはんのブログ。ガジェット、ゲームの話題や雑談など

Newニンテンドー2DS LLが発売!3DSを含めてどれが一番おすすめ?

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション1. 軽くて薄い!DELLの13インチ・ノートパソコン「XPS 13」をレビュー
2. 【まとめ】ニンテンドースイッチの良いところ、悪いところ10
3. なぜ「乃木坂46」は「AKB48」より人気がないのか?
4. 女性や初心者も安心!台湾旅行を楽しむための持ち物&便利なものリスト

 こんにちは。たぐちです

「Newニンテンドー2DS LL」が2017年7月13日に発売されました。

  • どれを買っていいのかわからない
  • おすすめの3DSは?
  • それぞれの2DS、3DSの特徴を知りたい

既存モデルとの違いや、それぞれのおすすめポイントをまとめてみたので紹介していきたいと思います。

 

 新しく発売になった「Newニンテンドー2DS LL」

 

ニンテンドー2DSはニンテンドー3DSの裸眼立体視(3D表示)機能を削除したゲーム機です。9800円と非常に安価ですが、モノラルスピーカーでNFC機能もなし、折りたためないということから売上的にもいまひとつでした。

新しく発売された「Newニンテンドー2DS LL」は「Newニンテンドー3DS」の機能はほぼそのままで、3D表示機能だけを削除して安くしたモデルとなっています。

ドラクエ11や夏休みに合わせてきているので、売上に期待が持てるゲーム機です。

 

Newニンテンドー2DS LLの特徴とおすすめポイント

  • 通常の2DSとは違い、3DSシリーズと同じ折り畳み式
  • 2DSにはなかった「amiibo」などが使えるNFC搭載
  • 重さ約260gと「Newニンテンドー3DS LL」の約329gより70gほど軽い
  • 価格はNew3DSシリーズより安い14980円(税抜)
  • 3D表示機能がない
  • カラーバリエーションがまだ少ない

 

迷ったらこちらのモデルを購入して間違いないでしょう。

3D表示機能がないぐらいで、デメリットというデメリットはありません。その3D表示機能も使っている人が少ないと思うので、気にしなくて良いかと思います。

まだ発売されていないので連続使用時間などはスペック表でしかわかりませんが、現行の「3DS LL」より3DS用ゲームの連続再生時間が6時間30分と30分短くなっています。

その他の機能面では「Newニンテンドー3DS LL」と同等で、ネックだった重さもかなり軽くなっています。その上14980円と価格も4000円近く安くなっているので2台目が欲しいという方にもおすすめ。

問題があるとすれば現在発売されていないので、今すぐ欲しいという方には少し我慢が必要なところぐらい。あとは3DSの部品を流用しているからかツートンで少しチープな印象なのが欠点でしょうか。

 

通常版ニンテンドー2DS

 

ニンテンドー3DSの特徴でもあった3D表示機能があまり使われていないことや、小さな子供の健康面への影響から3D表示機能を削除して発売された3DSの廉価版。

発売当初は期待されていたが、とくに話題にもなることなく売上的にもいまいちなモデルとなっています。個人的には発売が遅すぎたかなと考えています。もっと早く発売しておけば

 

ニンテンドー2DSの特徴とおすすめポイント

  • 価格が9800円とシリーズでもっとも安い
  • 小さい
  • カラーバリエーションが豊富
  • 一体型のためヒンジ部の故障がない
  • 3D表示機能がない
  • 折り畳み式じゃないので大きくカサ高い
  • 画面のサイズが3.53、3.02とシリーズでもっとも小さい
  • モノラルスピーカー(イヤホンをするとステレオになる)
  • NFC搭載なし
  • New3DSの着せ替えカバーを利用できない

 

3DSのゲームが出来て、とにかく安い方がいいという方にはおすすめできます。

小さいといっても折りたためないのでカサ高いし、結局大きくなります。

スピーカーもモノラルだし、NFCも搭載していません。画面サイズももっとも小さいです。

見た目はチープですが、マリオやポケモンモデルも出ているのでおもちゃっぽくて可愛いのが良いですね。

 

Newニンテンドー3DS

 

初期の3DSより画面も大きくなり、LLよりも軽くて安い上に着せ替えも出来て個人的には一番おすすめしたいモデルだったんですが、残念ながら「2DS LL」の登場により、生産終了となってしまいました。欲しい方はお早めに

もとから本家本元の3DSなのに、LLの方が人気が高く目立たない存在になってしまった本当に可哀そうな子。

 

通常版ニンテンドー3DSの特徴とおすすめポイント

  • コンパクトで持ち運びやすい
  • 画面サイズが3DSの解像度に適している
  • 約253gと3DSシリーズで一番軽い
  • 着せ替えが楽しめる、特別パックも多い
  • 3D表示、ステレオ、NFC搭載など機能面も充実している
  • 価格が16000円とLLより安い
  • 元々のカラーバリエーションが少ない
  • 中途半端
  • 生産終了が決定しているので販売は在庫分のみ

 

LLより軽いので子供や女性にも持ちやすくコンパクトなので携帯しやすい。

画面も3DSから大きくなり、解像度も一番適していて機能面でも劣るところはなく価格も手ごろだったんで「2DS LL」が発表されるまでは、このモデルが一番おすすめでした。

ただ「2DS LL」が発表されてしまったんで、画面のサイズと価格面では劣ってしまいました。重さもほとんど変わらないので全体的に中途半端なモデルになってしまった印象があります。

アドバンテージがあるとしたら、着せ替え機能と3D表示機能ぐらいでしょうか

 

Newニンテンドー3DS LL

今3DSシリーズの中でもっとも売れているのが、このNewニンテンドー3DS LL。

通常の3DSよりも大きな画面で見やすく、カラーバリエーションが多い。

個人的に重いのが気になりますが、子供は気にしないのかな?

 

Newニンテンドー3DS LLの特徴とおすすめポイント

  • 画面が大きい
  • カラーバリエーションが豊富
  • 3D表示、ステレオ、NFC機能などの機能面も充実している
  • 大きいので操作性に優れている
  • 約329gと重い
  • 価格が18800円とシリーズで一番高い

 

3D表示機能が欲しくて、画面は大きい方がいいという方におすすめ。

サイズが大きい分、操作性に優れているのでモンハンシリーズをプレイする方には小さい通常のNew3DSより、こちらのLLの方が人気ですね。

カラーバリエーションも豊富で一番人気が高い3DSシリーズモデルとなっています。

ただ約329gと重いのと、値段が18800円と高いのがネック。個人的にはLLより通常を薦めています。

 

Newと付くものは、すべてACアダプタが別売り

注意点として今回紹介したどの3DSにも、充電に必要なACアダプタは付属していないので、持っていない方は別売りのACアダプタを買う必要があります。

価格は952円(税抜)なので、持っていない方は「本体」+1000円と思ってもらえればいいかと思います。

そのうちSDカードも必要になってくるかもしれないので、一緒に購入するのがおすすめ。

 

ちなみに初期型の3DSをお持ちの方は、ACアダプタが付属されていたはずなので買う必要はありません。前のモデルを持っていた人は必要ないのと、コストカットのためなんだろうけど、ゲームボーイの時代から、こういうところでケチ臭いんですよね任天堂さん。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。 

各3DSをおすすめする人をまとめると以下のようになります。

  • とにかく安い方がいい人は「通常2DS」
  • 3D表示機能は使わないけど、機能が充実している方がいい人は「2DS LL」
  • 3D機能が欲しい。着せ替えを楽しんでコンパクトなのがいい人は「New3DS」
  • 3D機能が欲しい。でっかい画面でゲームしたい!操作性にこだわる人は「3DS LL」

 

3D機能が欲しいという人以外は、新しく発売された「2DS LL」を買っておけば間違いないでしょう。

ドラクエ11が同梱されている「はぐれメタルエディション」も発売されてレビューもしたので、よろしければそちらも参考にしてください。

ちなみに私はこれで3DSは3台目となります。